新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2018年 新型アルファード ヴェルファイアへマイナーチェンジ!高級ミニバンとしてさらなる進化

f:id:smartcreater:20170727104238p:plain

トヨタ自動車が販売する高級ミニバンのアルファードとヴェルファイア。

この2車種が2018年前半にマイナーチェンジする見通しとなっています。

今回のマイナーチェンジでは、内装と外装の改良に加え、先進安全装備のトヨタセーフティセンスPが新搭載されることとなる見通しです。

現行型初の大型改良となる今回のマイナーチェンジ。

そんな新型アルファードとヴェルファイアの内容で注目すべき内容をピックアップしました。

新型アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報!

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジの注目ポイントは、

  • エクステリアとインテリアの変更
  • 安全装備の充実化
  • 搭載エンジン

となります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

新型アルファード ヴェルファイア マイナーチェンジでデザインはどう変わる?

大型グリルを採用し、高級感をより演出した現行型アルファード、ヴェルファイアのデザイン。

f:id:smartcreater:20170623203302j:plain

f:id:smartcreater:20170623203304j:plain

マイナーチェンジ後には、そのデザインが一部改良される見通しです。

その改良部分としては、グリルデザインの改良、フロント&リアのバンパー形状変更や

 テールランプのデザイン変更がされると見られています。

また、アルミホイールに関しても新しいデザインのものが採用されることになりそうです。

近年のトヨタ車のマイナーチェンジ後のデザイン変更として参考に挙げると、ハリアーのシーケンシャルターンランプ採用は、高級ミニバンとしてマッチしているので現実性がありそうですね。

ちなみに、アル・ヴェルの弟分となるノア・ヴォクシーに関しても、MC後はデザインイメージの大幅変更がありません。

>>>ノア・ヴォクシーのマイナーチェンジ最新情報

マイナーチェンジでインテリアはより質感向上か

インテリアに関しては、マイナーチェンジ後には、より質感向上を目指して、インパネやシート素材の変更、メッキーパーツ装飾といった改良が行われる可能性が見込まれています。

また、エスティマが2016年に行ったマイナーチェンジで採用した3列目の電動格納シートが新型アルファードとヴェルファイアにも採用される可能性が取りざたされています。

↑9:25から電動格納シートの解説あり

アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジ後の安全パッケージ

アルファードとヴェルファイアには、現在も充実した安全装備が備わっています。

しかしながら、

ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムは歩行者検知に対応していない

といった課題もありました。

<プリクラッシュセーフティシステムについて>

進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援。

万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、たとえば先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速する。

 ただ、他には、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールや、シースルービュー、インテリジェントパーキングアシスト2、電動パーキングブレーキといったトヨタ車としてかなり高度な安全装備が備わっていました。

これが、マイナーチェンジ後は、トヨタセーフティセンスPを採用してさらなる安全向上が図られます。

トヨタセーフティセンスPをマイナーチェンジで新搭載!

f:id:smartcreater:20170623205517p:plain

マイナーチェンジ後のアルファードとヴェルファイアに、これまでの一部の安全機能にとって代わって採用されるのが、このトヨタセーフティセンスP(Toyota Safety Sense P)。

トヨタセーフティセンスPを採用することで、これまで弱点だった自動ブレーキが歩行者検知に対応していないという部分が改善されることになります。

<トヨタセーフティセンスPの機能について>

トヨタセーフティセンスPの機能の内容については以下の通りです。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)

f:id:smartcreater:20170624234313p:plain

いわゆる歩行者検知に対応した自動ブレーキシステム。

ミリ波レーダーと単眼カメラにて前に走る車や歩行者を認識し、衝突の危険性がある時に、ブザーやディスプレイ表示でドライバーに警報を出します。

さらに衝突の危険性が高い場合は、衝突回避支援のためにブレーキアシスト。

それでも衝突することが避けられないとシステムが判断した場合に、自動ブレーキが作動して衝突回避もしくは衝突被害の軽減が図られるようになっています。

・歩行者に対して

自動ブレーキは、約10~80km/hの速度域にて作動し、約30km/hの減速が可能

・先行車両について

約10km/h以上の幅広い速度域にて自動ブレーキシステムが作動して、約40km/hの減速が可能

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

f:id:smartcreater:20170624234810p:plain

いわゆる車線をはみ出しそうになると注意してくれるシステム。

道路上の白線(黄線)を単眼カメラが認識して、運転手によるウインカー操作がなく車線逸脱をしそうな時に、ディスプレイ表示&ブザーにて警報で注意喚起。

また、車線の逸脱を回避しやすくするために、電動パワーステアリングを制御して運転手のステアリング操作を支援してくれます。

  • オートマチックハイビーム

f:id:smartcreater:20170624235048p:plain

車の周りの明るさや、前に走っている車のテールランプ、そして対抗車両のヘッドランプを単眼カメラが検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるシステムです。

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

f:id:smartcreater:20170624235226p:plain

前に走る先行車との車間距離等をミリ波レーダーと単眼カメラが認識し、運転手が設定した車速の範囲内にて、自動で一定の車間距離を保ちながら追従走行が可能となるシステムです。

ブラインドスポットモニターにて後方面の安全性能もUP

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジでは、さらに後方の安全性を強化する“ブラインドスポットモニター(BSM)”も搭載可能となる見通しです。

f:id:smartcreater:20170624235802p:plain

ブラインドスポットモニターが搭載されると、隣車線を走る車両が検知され、車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させドライバーに注意喚起してくれます。

ターボエンジンorダイナミックフォース採用なるか

近年のトヨタ車としてクラウン、ハリアーには、マイナーチェンジで8AR-FTS型の2.0リッター直4ターボエンジンが搭載されたことが話題となりました。

f:id:smartcreater:20170624232334p:plain

<8AR-FTS型の2.0L直4ターボエンジンスペック>

  • 最大出力 231PS
  • 最大トルク 35.7kgm
  • トランスミッション 6速AT

さらに、モデルチェンジした新型カムリハイブリッドには、次世代パワートレーンとして、世界トップレベルの出力と熱効率を高次元で両立させた直列4気筒2.5L直噴エンジンの「Dynamic Force Engine(ダイナミックフォースエンジン)」が採用されています。

次期アルファードとヴェルファイアには、このダイナミックフォースエンジン搭載はほぼ濃厚と言えますが、今回のマイナーチェンジで採用されると大きな注目ポイントとなります。

また、ステップワゴンのようにミニバンにダウンサイジングターボエンジンを搭載するケースも出てきていますが、高級ミニバンのアルファード・ヴェルファイアに8AR-FTS型2.0L直4ターボエンジン搭載は是非とも期待したいですね。

マイナーチェンジでGolden EyesとTYPE BLACKは販売を終了へ

2016年7月4日から発売開始されているアルファード・ヴェルファイアの特別仕様車「GOLDEN EYES(ゴールデンアイズ)」「TYPE BLACK(タイプブラック)」は、今回のマイナーチェンジで販売が終了される見通しです。

f:id:smartcreater:20170624233504j:plain

f:id:smartcreater:20170624233507j:plain

時期を見て、今後「GOLDEN EYES2」「TYPE BLACK2」といった新たな特別仕様車が発売される可能性は十分あります。

新型アルファードとヴェルファイアのMC後の価格

新型アルファードとヴェルファイアは、今回のマイナーチェンジによってトヨタセーフティセンスPを装備するということもあり、販売価格に関しては現行モデルよりも10万円程度の値上げとなることが予想されます。

新型アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジに関するまとめ

2018年前半にマイナーチェンジをする見通しのアルファードとヴェルファイア。

現在は、敵なしとも言える程、Lクラスの高級ミニバンとして絶大な人気を得ていますが、安全装備を充実することで、その地位はしばらく安泰と言えるでしょう。

ここにライバルの日産次期エルグランドがどう対抗馬として登場するのかが見所です。

アルファード、ヴェルファイアのマイナーチェンジに関する最新情報が入れば更新します。

<関連記事>

 オデッセイの大幅改良に関する情報はこちら

>>>オデッセイのマイナーチェンジ最新情報

マツダがアルファード・ヴェルファイア対抗の7人乗りSUV発売へ

>>>マツダ CX-8の最新情報