新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2018年 新型アクセラへフルモデルチェンジ!最新情報としてHCCIエンジン搭載&東京モーターショー2017でコンセプト発表が有力

f:id:smartcreater:20170807234306j:plain

マツダのアクセラが2018年にフルモデルチェンジする可能性が出てきました。

海外メディアでは、すでにマツダが新型エンジンのHCCIエンジンをフランクフルトモーターショー2017で公開し、続いてマツダ3(日本名アクセラ)の次期モデルのコンセプトを東京モーターショー2017で公開する可能性が高いと予想されています。

そこで今回、新型アクセラのフルモデルチェンジに関する注目ポイントをピックアップしてみました。

新型アクセラ フルモデルチェンジ最新情報

f:id:smartcreater:20170807234329j:plain

 アクセラのフルモデルチェンジに関して注目内容は、

新型エンジン

外観デザイン

発売時期

の3点となります。

アクセラ フルモデルチェンジのエンジン、プラットフォームのスクープ情報が海外で話題に

f:id:smartcreater:20170807234353j:plain

海外メディアは2017年8月にこぞって、次期アクセラに関するスクープ情報を公開しました。

それの大元となっているのがコチラの記事です。

>>次期アクセラのスクープ記事(海外サイト)

このスクープ記事の内容を紹介すると、

  • 次世代モデルのMazda3(アクセラ)はHCCIエンジン搭載
  • HCCIエンジンは、フランクフルトモーターショー2017で発表
  • 次期アクセラのコンセプトはCX-8と共に東京モーターショー2017で公開の見通し
  • プラットフォームは現行と同じSKYACTIV GEN1を採用
  • HCCIエンジンはSKYACTIV GEN2テクノロジーのエンジンであり、今後他のマツダ車種でも展開される

 という内容になります。

世界初のHCCIエンジン実用化

f:id:smartcreater:20170807235246j:plain

ハイブリッド並みの低燃費を実現させると期待されおり、ガソリンエンジンの革命とも言える予混合圧縮自己着火「HCCI」エンジン。

未だ、このHCCIエンジンを実用化したメーカーはなく、マツダが世界初のHCCI実用化をさせるということが近々大いにニュースとなることが予想されます。

HCCIは、まさに第2世代スカイアクティブの入り口となる技術であり、初搭載となる次期アクセラは、歴史に名を残す車種になるかもしれません。

 あくまで第7世代ではないという所がポイント

f:id:smartcreater:20170808000709j:plain

 先程のスクープ記事の注目部分として、次期アクセラは完全なマツダ次世代モデルではないという所がポイントです。

エンジンにはSKYACTIV GEN2世代のものを採用するものの、プラットフォームが旧来の第一世代のスカイアクティブという所が何とも惜しい部分。

次期アクセラの位置づけとしては新型CX-5やCX-8と同じ第6.9世代と思われます。

>>CX-8の最新情報はこちら

ちなみに、第2世代スカイアクティブことSKYACTIV GEN2を完全採用したマツダ第7世代の車としては、次期アテンザが有力となっています。

>>次期アテンザのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

 まずは、次期アクセラでHCCIエンジンを大いにアピールし、その後、プラットフォームも刷新した次期アテンザで完全なマツダの世代交代となることが予想できます。

次期アクセラの外観デザインはRX-VISION風が予想される

f:id:smartcreater:20170808000103j:plain

そして気になる次期アクセラの外観デザインについては、RX-VISION風のデザインテイストとなることが予想されます。

プレミアムでより欧州車を彷彿させる日本の新世代Cセグメント車としてかなり期待できるのではないでしょうか。

次期アクセラのフルモデルチェンジの時期は、2018年が有力となりますが、世紀の発明となるHCCIエンジンをぶら下げて注目のデビューを果たすこととなりそうです。

アクセラ最大のライバル、スバルのインプレッサにとっては、脅威の存在となるでしょう。

>>新型インプレッサB型の最新情報

新しい情報が入れば、更新致します。

<関連記事>

・次期レヴォーグの動向について

>>レヴォーグのフルモデルチェンジ最新情報