新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

新型カローラ フルモデルチェンジ最新情報!2018年にグローバルモデルとして発売予定か

f:id:smartcreater:20170726224940j:plain

トヨタのカローラが2018年にフルモデルチェンジを行う見通しとなっています。

すでに初代モデル発売から50年以上が経過しているという歴史あるカローラ。

そんなカローラは、日本ではかつて大人気だった大衆車というイメージが強いものの、実は海外でも人気車種として現在、日本とは異なるデザインでラインナップされているという状況です。

日本仕様の次期カローラは、グローバル化が進み3ナンバーになる可能性が取りざたされる等、様々な注目ポイントがあります。

そこで、今回、新型カローラのフルモデルチェンジに関する注目ポイントをピックアップしてみました。

新型カローラのフルモデルチェンジ最新情報!

f:id:smartcreater:20170723010726j:plain

新型カローラのフルモデルチェンジについて注目内容は、

  • ボディサイズ(5ナンバーと3ナンバー)
  • エンジン
  • 先進装備

という3つのポイントになります。

新型カローラ フルモデルチェンジで3ナンバー化が有力

f:id:smartcreater:20170723011403j:plain

カローラと言えば、5ナンバーサイズのコンパクトサイズというのが人気の理由の一つに挙がります。

これが、今回のフルモデルチェンジでついに3ナンバー化される可能性が有力となっているのです。

実は、北米や欧州といった海外仕様のカローラは、3ナンバーサイズとなっています。

外観デザインも、日本モデルとは大きく異なり、かなりスポーティなデザインが採用されています。

せっかくなので、一度欧州と北米モデルの画像を少しだけ紹介します。

まずは欧州仕様。

f:id:smartcreater:20170723012023j:plain

<出典:https://www.toyota-europe.com/new-cars/corolla/#/gallery/11-707533/7

>>その他詳しい欧州仕様の画像はこちら(欧州トヨタ公式サイト)

正直これがカローラ!?と思う外観デザインではないでしょうか。

スタイリッシュで洗練されたスポーティなフロントマスク。

リアデザインに関しては、プレミオを欧州風にしたイメージのデザインになっています。

次に北米仕様について。

f:id:smartcreater:20170723012507j:plain

<出典:https://www.toyota.com/corolla/photo-gallery/exterior/6

 >>その他詳しい北米仕様の画像はこちら(北米トヨタ公式サイト)

欧州仕様よりかは、日本仕様寄りのデザインではあるものの、アグレッシブでワイルドな外観となっています。

欧州、北米いずれにしても若者ウケを狙えるクールなデザインに目を惹かれたのではないでしょうか。

実は、フルモデルチェンジする日本仕様の次期カローラでは、ユーザーの若返りを目指して、欧州・ホ米仕様のようなスポーティな外観デザインが採用されると見られています。

 つまり、次期カローラでは現在のように、

  • 5ナンバーで独特のデザインの日本仕様
  • 3ナンバーでスポーティなデザインの北米・欧州モデル

 といった分け方ではなく、統一したグローバルモデルとなる可能性が高いということです。

その上で若干日本向けにチューニングされたデザインとなるというのが大方の予想となります。

そしてそのグローバル化を推し進めるポイントとなるのがTNGAプラットフォームです。

TNGAプラットフォームがグローバル化を推し進める

f:id:smartcreater:20170723234605j:plain

トヨタの新世代プラットフォームとして、4代目プリウスから採用され始めたTNGAプラットフォーム。

TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略になります。

TNGAプラットフォームは、ボディ剛性の強化や軽量化&低重心化によって走行性能の向上に大きく貢献します。

それだけでなく、部品の共通化等により、開発の効率化が進むというポイントも。

新型カローラには、4代目プリウスとC-HRに採用されているTNGA-Cプラットフォームが採用される見通しです。

このTNGA-Cプラットフォームを採用することが、日本仕様でも3ナンバー化される理由として有力なポイントとなります。

新型カローラのスパイショット画像

f:id:smartcreater:20170724000649j:plain

海外メディアでは、新型カローラと見られるスパイショット画像が撮影されて公開されています。

>>新型カローラのスパイショット画像(海外サイト)

このスパイショット画像からは、Cピラ―部分が、新型カムリのようなクーペルックのスタイルを彷彿させられます。

また、リアのコンビランプについては、現行の北米モデルと欧州モデルを組み合わせたデザインに。

新形カローラのデザインは、新型カムリのようにクーペスタイルのスポーティセダンになる可能性が高いと予想できる内容です。

新型カローラ 注目のパワートレイン

フルモデルチェンジ後の新型カローラのパワートレインに関しては、

  •  ハイブリッドモデル

新型カローラのハイブリッドシステムには、4代目プリウス同様の1.8Lハイブリッドシステムが採用されると見られます。

  • NAモデル

NAエンジンモデルに関しては、モデルチェンジ前の1.5L直4エンジンを改良させたエンジンが採用されると見られます。

  • ダウンサイジングターボモデル

近年、搭載車種が増えているダウンサイジングターボエンジン。

新型カローラには、オーリス搭載の1.2Lタイプの直噴ターボエンジン搭載が有力です。

  • ディーゼルモデル

今回最も注目ポイントとなるのがディーゼルモデルの有無について。

新型カローラのディーゼルモデルには、BMWの3気筒1.5リッターディーゼルツインパワーターボが搭載される可能性が取りざたされています。

BMW製のエンジンと言えば次期スープラでも採用されることになっています。

これが実現すれば、クリーンディーゼルエンジンを搭載するマツダのアクセラ(ディーゼルモデル)対抗車種となるでしょう。

この4パターンのエンジンが有力視されています。

トヨタセーフティセンスP等の先進安全装備に注目

f:id:smartcreater:20170724211533j:plain

新型カローラの先進安全装備としては、トヨタセーフティセンスPの搭載が有力視されています。

トヨタセーフティセンスPの機能には、

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  • オートマチックハイビーム
  •  レーダークルーズコントロール

以上の4機能が備わっていますが、これらの機能はライバルメーカーと比べても特に目新しいものがありません。

それどころか、他メーカーの先進装備では、レーンキープアシスト(LKA)搭載が当たり前になりつつあるため、新型カローラにLKAといった先進装備が採用されるのかが注目ポイントとなります。

トヨタは、2018年以降に、新型レクサスLSに搭載される先進予防安全システムの「Lexus Safety System+A」にある機能をトヨタ車にも展開していくことを発表しています。

f:id:smartcreater:20170724211501j:plain

このLexus Safety System+Aには、LKAに値するレーントレーシングアシスト (LTA)が採用されているため、このLTAを新型カローラにも展開という可能性は十分考えられます。

次期プレミオ、アリオンと統合でプレミアムコンパクトカー誕生も!?

カローラの上級車種としてコロナ、カリーナ時代を含めて長年ラインナップされてきたプレミオとアリオンですが、次期モデルでは新型カローラとの統合の可能性が取りざたされています。

f:id:smartcreater:20170724211908j:plain

3ナンバー化し、実質車格アップとなる新型カローラではあるものの、既存のプレミオ、アリオンユーザーが、果たして納得して乗り換えすることができるのかは疑問ではあります。

マークXとSAIが新型カムリへの統合が有力なように、プレミオ・アリオンに関しても次期カローラに統合となってしまうのか要注目です。

新しい情報が入れば、また更新致します。

<関連記事>

マークXの今後の運命はいかに?

>>マークXのフルモデルチェンジ最新情報

次期クラウンの情報はこちら

>>クラウンのフルモデルチェンジ最新情報