新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2018年 新型 クラウン フルモデルチェンジ情報!外観のスクープ画像等、最新情報更新中!S220系誕生へ

f:id:smartcreater:20170726222149j:plain

トヨタの高級セダンのクラウンが2018年にフルモデルチェンジを行う見通しです。

クラウンには、主にアスリート、ロイヤル、マジェスタの3シリーズがラインナップされています。

2018年発売予定の見通しとなっているのは、クラウンアスリートとクラウンロイヤルの2つになります。

そんなS220系となる新型クラウンの外観のスクープ画像と見られる写真も流出し始めています。

そこで、次期クラウンのフルモデルチェンジに関する最新情報の中での注目ポイントをピックアップしてみました。

2018年 新型クラウンへフルモデルチェンジ!最新情報更新中

f:id:smartcreater:20170718213925j:plain

フルモデルチェンジ後のS220系の新型クラウンについて注目内容は、

  • 外観デザイン
  • プラットフォーム
  • 先進装備
  • 発売時期

といった内容となります。

新型クラウン フルモデルチェンジ後の外観デザインは?

f:id:smartcreater:20170718213325j:plain

現行型のS210系クラウンは、大型フロントグリルを採用するなど、これまでのクラウンのイメージを大きく覆すデザインとなったことが話題となりました。

フルモデルチェンジ後のS220系クラウンでは、基本キープコンセプトとなりつつも、クーペルックなデザインが取り入れられる見通しとなっています。

新型クラウンの予想イラスト画像

ネット上で話題となっているのが、ベストカーさんによる新型クラウンアスリートの予想イラスト画像です。

話題となっているベストカーさんの画像がこちら。

ベストカーさんの画像記事

フロントグリルが現行型の稲妻型から逆台形となっており、また、傾斜が強いCピラーがクーペスタイルを印象づけます。

別の情報では、新型クラウンは、新型レクサスLSを彷彿させるデザインになるとも言われており、よりターゲットを若い世代へと広げる狙いがあると言えるでしょう。

f:id:smartcreater:20170702231524j:plain

f:id:smartcreater:20170702231536j:plain

<画像は新型レクサスLS>

新型クラウンのスパイショット画像

f:id:smartcreater:20170718211920j:plain

また、海外では、新型クラウンと思われるテストカーの外観のスパイショット画像が撮影されています。

クラウンと思われるスパイショット画像はこちら(海外サイト)

海外メディアでは、そのスパイショット画像のテストカーを次期レクサスGSではないかと報じていますが、スピンドルグリルを採用していないことから、GSではなく、新型クラウンの可能性が有力となっています。

>>レクサスGSのフルモデルチェンジ最新情報

フロントグリルのエンブレム装着部分には、王冠マークのサイズにピッタリな縦型長方形のスペースもあります。

さらに、グリルの形状や、後部のピラー形状などは、ベストカーさんの予想イラストとかなり酷似していることが伺えます。

このことから、この画像が新型クラウンである可能性は十分あり得ます。

新型クラウンのプラットフォームにTNGAプラットフォーム搭載

フルモデルチェンジする新型クラウンのプラットフォームには、TNGA(Toyota New Global Architecture)を採用したFR用の新世代プラットフォームが採用されることになります。

f:id:smartcreater:20170702232525j:plain

TNGAプラットフォームは、低重心化に加え、ボディ接合剛性を高めた溶接技術を導入。

具体的には、従来のスポット溶接に比べて溶接間隔を短くし、打点を集中できるレーザースクリューウェルディング(LSW)が採用されています。

その上、ボディ骨格を全面見直しされています。

f:id:smartcreater:20170702233111j:plain

この新世代プラットフォーム採用によって、新型クラウンは、より自由なデザインを再現できるだけでなく、優れた走行性能を実現させることとなります。

また、新型クラウンのサスペンションに関しては、「いなし」サスペンションと名付けられた、現行型の「フロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンク式」という仕組みがより改良されて採用されることが予想されます。

ちなみに、この次世代FR用プラットフォームは、すでにLEXUS LCと新型LEXUS LSにて「GA-Lプラットフォーム」として採用されています。

新型クラウンに搭載されるエンジンはダイナミックフォースが有力

新型クラウンに搭載されるエンジンについては、新型カムリから採用されているトヨタの次世代エンジン「ダイナミックフォースエンジン(Dynamic Force Engine)」が有力です。

f:id:smartcreater:20170702233457j:plain

ダイナミックフォースエンジンには、現在2.5リッターのハイブリッドモデルと2.5リッターのガソリンモデルが発表されています。

<参考スペック>

エンジン:2.5Lハイブリッドタイプ

  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:22.4kg-m/3600-5200rpm

エンジン:2.5Lガソリンエンジンタイプ

  • 最高出力:205ps/6600rpm
  • 最大トルク:25.5kg-m/4800rpm

新型クラウンGRMNもラインナップか

また、G'sブランド後継となるGRブランドからは、GAZOO Racingが企画&開発した新型クラウンのハイパフォーマンスモデルとしてクラウンGRMNがラインナップされる可能性が取りざたされています。

専用となる外観デザインや、マフラー・サスペンションもノーマルモデルとは別の専用タイプが用意されると見られています。

 クラウンGRMNに搭載が予想されるエンジンは、最高出力340ps発生となる3.0リッターのV型6気筒直噴ツインターボ(V30A-FTS)等が現在有力とされています。

<エンジンの予想スペック>

3.0リッター V6ターボエンジン

  • 最大出力:340ps/650rpm
  • 最大トルク:50.0kgm/1500-3500rpm

3.5リッター V6ツインターボ

  • 最高出力 :421ps/5,200-6,000rpm
  • 最大トルク:61.0kgm/1,600-4,800rpm

このクラウンGRMNは、メルセデスのAMGシリーズやBMWのMシリーズ対抗車種となりそうです。

価格予想については、7~800万程度と想定。

新型クラウン FCVモデルも後に発売の可能性

f:id:smartcreater:20170718212151p:plain

 新型クラウンには、後に、FCV(燃料電池車)であるMIRAIのシステムをFR用にしたFCVモデルもライナップされるという噂が出ています。

クラウンFCVの発売時期については、フルモデルチェンジから約1年後の2019年となる可能性が取りざたされています。

新型クラウンの先進装備 Toyota Safety Sense P

f:id:smartcreater:20170718212231p:plain

新型クラウンの先進装備には、安全パッケージとしてToyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)が採用される見通しです。

<Toyota Safety Sense Pの内容>

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • アダプティハイビームシステム

これは現行型でも採用されていますが、新型クラウンではこれに加えて、

  • レーダークルーズコントロールが全車速対応に
  • レーンキープアシスト等、自動運転技術搭載の可能性
  • 電動パーキングブレーキ搭載

といった先進装備が採用されると予想されます。

自動運転機能に注目

全車速追従機能付クルーズコントロールに加えて、車線からはみ出内容にサポートするレーンキープアシスト機能が加われば、高速道路での単一車線自動走行が実質可能になったと謳われることになるのではないでしょうか。

新型クラウンには、新型レクサスLSに採用されたLexus Safety System +Aの機能の一部が採用される可能性があります。

f:id:smartcreater:20170718212646j:plain

新型レクサスLSの先進機能については、2018年からトヨタ車でも徐々に展開される予定となっていることから、Lexus CoDriveのレーントレーシングアシスト (LTA)機能が採用されると予想します。

レーントレーシングアシスト (LTA)機能は、車線をはみ出さずに車線内の中央を走るようにサポートするシステムです。

スバルのアイサイトツーリングや日産のプロパイロットですでにLTAに近いシステムが投入されているだけに、トヨタも負けずとこの新機能をクラウンに搭載させるのではないでしょうか。

新型クラウン フルモデルチェンジの時期は2018年初頭か

f:id:smartcreater:20170718213637j:plain

新型クラウンアスリートとロイヤルのフルモデルチェンジに関する実施時期については、2018年初頭が有力視されています。

クラウンマジェスタについては、やや遅れての発売になる見通しです。

以上が、新型クラウンアスリートと新型クラウンロイヤルのフルモデルチェンジに関する最新情報でした。

新しい情報が入れば、更新致します。

<関連記事>

・マークXが消滅の危機!?クラウンの弟分の行方は・・・

>>マークXのフルモデルチェンジ最新情報

・日産 次期フーガの動向はこちら

>>フーガのフルモデルチェンジ最新情報