新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2017年7月 エスクァイアがマイナーチェンジ!外観グリル変更等、最新情報更新

f:id:smartcreater:20170726220316j:plain

トヨタのエスクァイアが2017年7月3日にマイナーチェンジを実施しました。

ノア・ヴォクシーのラグジュアリーなミニバンモデルとして2014年10月に発売されたエスクァイア。

T字構えの大型フロントグリルやメッキ加飾バー、合成皮革やピアノブラック塗装等といった部分で高級感を演出し、ノア・ヴォクシーと差別化されていますが、今回、初の大幅改良が今回行われます。

外観デザイン等、マイナーチェンジで変更される新型エスクァイアの最新情報の中で注目内容を今回ピックアップしてみました。

新型エスクァイア マイナーチェンジ最新情報!2017年7月3日デビュー

エスクァイアのマイナーチェンジは2017年7月3日に発表されます。

そのエスクァイアのマイナーチェンジでの注目内容については、

  • デザインの改良
  • 安全装備
  • グレード

といった部分になります。

ちなみに同日に、姉妹車となるノア・ヴォクシーも同じくマイナーチェンジされることになります。

>>>ノア・ヴォクシーのマイナーチェンジ最新情報

エスクァイア マイナーチェンジ後の外観デザインの画像

エスクァイアのマイナーチェンジした後の外観(エクステリア)デザインの画像については、すでに生産車両のスパイショット画像が流出しています。

その画像がこちらです。

f:id:smartcreater:20170627231233j:plain

フロントグリルの縦格子のデザインがやや変更されワイド感を演出。

クラウンロイヤルのような上質さを感じるデザインになっています。

ヘッドランプには、プロジェクター型からBiビーム式LEDランプへと変更。

f:id:smartcreater:20170627231243j:plain

f:id:smartcreater:20170627231340j:plain

リアのガーニッシュデザインがフロントグリルのように逆台形モチーフを採用。中央は、ブラックタイプに変更。

テールランプに関しては、最新のライン上に光る導光タイプが導入されることに。

15インチアルミホイールには、新デザインとなり、ダークグレーMの塗装が施され、スポークを強調したものになります。

【追記】新型エスクァイアの画像公開

新型エスクァイアの画像が公開されました。

f:id:smartcreater:20170705002036j:plain

f:id:smartcreater:20170705002039j:plain

オートレべリング機能付Bi-Beam LEDヘッドランプ、そして、面発光のLEDクリアランスランプを採用。

フロントグリルとリヤコンビネーションランプのデザイン意匠が変更され、より高級感を高めたとされています。

シャシー面については、

  • ボディ剛性の見直し
  • ショックアブソーバーの改良
  • 空力パーツの追加

等を実施。

乗り心地の向上に貢献しています。

他にも、遮音性を向上させるために、スライドドアにシールを追加したり、キャビンの静粛性を高められています。

エスクァイアのボディサイズ

  • 全長:4,695mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,825mm
  • ホイールベース:2,850mm

新型エスクァイアのボディカラー

 

f:id:smartcreater:20170705002238j:plain

マイナーチェンジ後の新型エスクァイアのボディカラーには、

  • アバンギャルドブロンズM(4V8)

f:id:smartcreater:20170705002229j:plain

  • ブラキッシュアゲハガラスフレーク(221)

 

を新採用。

そして、オーシャンミントMとダークバイオレットマイカMが廃止されることとなります。

その他は、

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(070) 
  • ブラック(202)
  • ボルドーマイカメタリック(3R9)
  • シルバーメタリック(1F7)
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(220) 

新型エスクァイア マイナーチェンジ後の内装

f:id:smartcreater:20170705002510j:plain

※画像はマイナーチェンジ後のGi“Premium Package”の「バーガンディ&ブラック」内装

新型エスクァイアの内装(インテリア)は、マイナーチェンジ後には、

  • プレミアムパッケージ(レーザーラインの加飾パーツ、全面バーガンディーカラーの専用シート)を追加
  • 質感向上(センタークラスター、パワーウインドウスイッチパネルをピアノブラック調へ)
  • メーターパネルが円形3眼に変更
  • USB端子をセンタークラスター下に装備
  • 助手席シートにバックテーブルを装備
  • 電動スライドドアに予約ロック機能追加
  • ACC100Vコンセントをオプション装備可能へ
  • コンソールボックスを刷新

といった改良が行われます。

f:id:smartcreater:20170705002533j:plain

縦基調のキルティング加工を施したブランノーブと合成皮革を組み合わせる専用シートとなる最上級パッケージ Gi Premium Packageの追加が大きな注目ポイントとなります。

また、ウィンドウについては、UV(紫外線)を約99%カットして、IR(赤外線)を効率よく遮断するガラスを全車装備されています。

ちなみに、クルーズコントロール機能は、マイナーチェンジ後は、全グレードで標準装備になります。

安全パッケージ トヨタセーフティセンスC搭載

f:id:smartcreater:20170625011521j:plain

モデルチェンジ前同様に、衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンスC(Toyota Safety Sense C)が継続して搭載されることとなります。

トヨタセーフティセンスCは、単眼カメラとレーザ―レーダーを活用して、PCS、LDA、AHBという3つの先進安全機能をパッケージ化させたものになります。

トヨタセーフティセンスC

  • プリクラッシュセーフティシステム(PCS)

自動ブレーキシステム。

流れとしては、危険時に、警報⇒ブレーキサポート⇒自動ブレーキ作動という形になります。

具体的には、自分の車の走る速度が約15km/h~140km/hの時に、衝突が予測される場合、警報を発して回避操作が促されます。

また、約30km/h~80km/hの領域に関しては、プリクラッシュブレーキアシストが行われ、運転手がブレーキを踏んだ力を強力にアシストしてくれます。

もしも、運転手がブレーキを踏めなかった場合、自動ブレーキが約10km/h~80km/hの車速域にて作動して、約30km/h減速します。

停止車両に対して自車速度30km/hの場合には、衝突の回避もしくは衝突被害の軽減を支援する内容となります。

  • レーンディパーチャーアラート(LDA)

運転手がウインカーの操作をせずに、車線からはみ出そうになった場合に、ブザーとディスプレイ表示にて注意喚起してくれるシステム。

単眼カメラが車線(白線・黄線)を認識する仕組みとなっています。

※幅約3m以上の車線を約50km/h以上で走行している時が作動条件

  • オートマチックハイビーム(AHB)

夜間時に役立つ機能であり、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能です。

搭載するカメラが先行車のテールランプ、対向車のヘッドランプを検知することで適切なビームへと切り替え、夜間での前方視界を安全に確保。

さらに、

  • 自動ブレーキが歩行者検知に対応
  • 追従機能付きのクルーザコントロール

という先進機能が備わったトヨタセーフティセンスPが今回のマイナーチェンジで搭載が期待されましたが、残念ながら搭載はされませんでした。

パワートレインの変更や新型エンジン搭載はなし

f:id:smartcreater:20170627235545j:plain

新型エスクァイアには、新型カムリに搭載された新世代直列4気筒2.5L直噴エンジンのエンジンのDynamic Force Engineの2リッターモデルの搭載が噂されていました。

<ダイナミックフォースエンジンスペック>

直列4気筒2.5L直噴エンジンモデルD-4S

最高出力:205ps/6600rpm
最大トルク:250Nm/4800rpm

 

しかしながら、実際にはマイナーチェンジ後のエスクァイアに搭載されず、パワートレインに関する大きな変更は行われません。

エスクァイアのエンジンスペック

〇ガソリンモデル

  • 3ZR-FAE型 2.0L 直4 DOHC
  • 最高出力(kW(PS)/r.p.m.):112(152)/6,100
  • 最大トルク(N・m(kgf・m)/r.p.m.):193(19.7)/3,800
  • JC08モード走行燃費:16.0km/L

〇ハイブリッドモデル

  • 2ZR-FXE型 1.8L 直4 DOHC+モーター
  • 最高出力(kW(PS)/r.p.m.):73(99)/5,200
  • 最大トルク(N・m(kgf・m)/r.p.m.):142(14.5)/4,000
  • モーター最高出力:82ps
  • モーター最大トルク:21.1kgm
  • JC08モード走行燃費:23.8km/L

エスクァイアのマイナーチェンジ後のグレード

新型エスクァイアのマイナーチェンジ後のグレードは以下の通りとなります。

ハイブリッドモデル

  • Gi Premium Package7人乗り 
  • Gi 7人乗り
  • Xi 7人乗り

ガソリンモデル

  • Gi Premium Package 7人乗り 
  • Gi  7人乗り
  • Gi  8人乗り
  • Xi  7人乗り
  • Xi  8人乗り

各2WD、4WDモデル有り

新型エスクァイアの価格

新型エスクァイアのマイナーチェンジ後の価格は次の通りです。

〇ガソリンモデル

モデル エンジン 変速機 駆動方式 定員(人) 価格
Xi 直列4気筒DOHC 2.0リッター CVT(7速モード付) 2WD(FF) 7 2,705,400円
8 2,675,160円
Gi 7 2,922,480円
8 2,892,240円
Gi“Premium Package” 7

2,980,800円

〇ハイブリッドモデル

モデル ハイブリッドシステム 駆動方式 定員(人) 価格
Xi リダクション機構付きのTHS II 2WD(FF) 7 3,151,440円
Gi 3,300,480円
Gi“Premium Package” 3,358,800円

新型エスクァイア マイナーチェンジ最新情報のまとめ

高級感のあるミニバンとしてデビューした初代エスクァイアもいよいよ後期型へと改良。

今回のマイナーチェンジは、外観のデザイン変更と機能性充実化が主な内容となります。

2017年後半には、セレナe-POWERやステップワゴンハイブリッドといった強力なライバルが登場しますが、新型エスクァイアはこのまま好調な売り上げを達成し続けることができるのか要注目です。

最新情報が入れば、更新致します。

ステップワゴンの最新モデルの情報はこちらにて↓

>>>ステップワゴンハイブリッドのマイナーチェンジ最新情報