新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2019年 300系 新型ハイエースへフルモデルチェンジを発表の可能性!最新情報をピックアップ

f:id:smartcreater:20170809004831j:plain

トヨタのキャブオーバー型車のハイエースが、2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が取りざたされています。

ハイエースと言えば、5代目となるH200系モデルが現行モデルとして2004年から発売中。

商用バンとしては代表的な存在であり、他には福祉車両や送迎バスとして活用されたり、キャンピングカーとして使われるなど、幅広いシチュエーションで役立つ車とあって、その人気は海外を含めて高いです。

そんなハイエースは、貨物車並みの積載量を誇り、耐久性やエンジンパワーも高いゆえ、救急車や現金輸送車のベースとしても活用されているほどです。

そのハイエースが、いよいよ15年ぶりにフルモデルチェンジをして6代目H300系へとリニューアルされる見通しです。

今回は、新型ハイエースの注目ポイントをピックアップしてみました。

新型ハイエース 300系のフルモデルチェンジ最新情報

f:id:smartcreater:20170809181222j:plain

 300系となる新型ハイエースのフルモデルチェンジに関する注目内容は、

  • 車体形式
  • 搭載エンジン
  • 外観デザイン

の3つとなります。

新型ハイエース フルモデルチェンジでセミオーバー形式を採用か?

f:id:smartcreater:20170809181250j:plain

フルモデルチェンジ後の300系新型ハイエースの車体形式には、ミニバンでも採用されているセミオーバー形式を採用する可能性が有力となっています。

<セミオーバー採用のノア>

f:id:smartcreater:20170809181424j:plain

現行型の200系ハイエースについては、セミオーバー形式ではなく、キャブオーバーが採用されています。

このキャブオーバーからセミオーバーへの変更は安全面の向上が理由と想定されます。

キャブオーバーとセミオーバーはどう違うの?

そもそもキャブオーバー方式がセミオーバー方式よりも不利と見られる部分は何なのか。

それは以下のポイントとなります。

  • フロントにボンネットがなく衝突時の危険性が高まる
  • エンジンを運転席&助手席の真下に搭載するため、熱の暑さや騒音の問題がある

 この反面、セミオーバーの場合だとボンネットがあるため、キャブオーバーよりもドライバーや助手席の乗員の安全確保や、歩行者等との衝突時の衝突を緩和させる等の安全面での基準向上がされると考えられます。

また、セミオーバー形式では、エンジンについては、フロントに搭載する形になるため、走行性能の大きな向上も期待できます。

キャブオーバーにも良い面はある

キャブオーバーに関しては、実はボディフレーム強化等で衝突安全を考慮するといった工夫がされています。

また、ボンネットがないことで、

  • 車内のスペースを広く活用できる
  • 運転時に前方の見切り性能が高い
  • 小回りが効きやすい

といったメリットもあります。

ハイエースの人気の秘訣とも言える荷室の広さはこのキャブオーバー方式採用が大きく貢献していたと言えます。

ハイエースのデザインに関しても、2015年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞するほどの好評価を得ていますが、これもキャブオーバーならではのおかげと言えるでしょう。

なので、キャブオーバーというのは、決して悪い部分ばかりではないのです。

ただ、300系 新型ハイエースはグローバル視点を踏まえたトヨタの世界戦略車として展開することもあって、海外の衝突安全基準を充たすために、セミオーバー式へ切り替えるという大幅なリニューアルが行われると考えられます。

新型ハイエース 外観デザインはプロエースがヒントか

フルモデルチェンジ後の300系次期ハイエースの外観デザインは、欧州で発売されているプロエースがヒントなると予想されます。

<プロエース>

f:id:smartcreater:20170809004831j:plain

 

f:id:smartcreater:20170809011139j:plain

この新型プロエースは、プジョーシトロエンからのOEMモデルとなり、トヨタのキーンルックといったデザインが採用されているという内容になっています。

それゆえ、トヨタ純血の車とは言えず、次期300系ハイエースこそがトヨタが本命として送り出す新世代の商用バンとなる見通し。

ただ、新型ハイエースの外観デザインに関しては、セミオーバー採用ということもあって、プロエースのデザインに近いものになる可能性も。

ただ、ノア・ヴォクシー、アルファード・ヴェルファイア似のデザインではさすがに、商用バンとしての存在感が低くなるため、どのようにデザインの差別化が図られるのかが注目のポイントとなります。

新型ハイエース 荷室長のデメリットをどう克服するのか

f:id:smartcreater:20170809182544j:plain

現行の200系ハイエースでは、最大荷室長が3メートルという広い空間を実現している所が人気の理由の一つとなりますが、セミオーバー式を採用するに伴って、荷室長が狭くなってしまうのは避けがたい所

ただ、広い荷室長を確保するというのは、新型ハイエースにとって重要な課題でもあります。

かつてセミオーバーを採用していたグランビアを参考にすると、2.4メートル以上の長さを確保するのは難しいと予想。

床下にリアシートを格納できるダイブダウン方式を採用するなどの、調整をいかに行って、広い荷室長を再現できるのかが大きな注目ポイントとなります。

 新型ハイエース300系の搭載エンジン

f:id:smartcreater:20170809182210j:plain

フルモデルチェンジ後の新型ハイエースに搭載されるエンジンとしては、1GD-FTV型の2.8リッター直噴ターボディーゼルエンジンが有力となっています。

 この2.8リッターディーゼルエンジンに関しては、すでにランドクルーザープラドに搭載されています。

・ランドクルーザープラドが2017年にリニューアル

>>ランドクルーザープラドのマイナーチェンジ最新情報

<参考スペック>

  • 総排気量 2,754cc
  • 内径×行程 92×103.6mm
  • 圧縮比 15.6
  • 最高出力 130kW(177PS)/3,400rpm
  • 最大トルク 450Nm(45.9kgm)/1,600-2,400rpm

 ディーゼルエンジン以外には、現在の200系に採用されている2TR-FE型ガソリンエンジンを継続もしくは改良したエンジンの搭載と予想。

時代のニーズを踏まえれば、ハイブリッドモデルのラインナップも期待したい所ですが、現時点ではトヨタのディーゼルとハイブリッドを同一車種でラインナップさせない方針があるため、ハイエースハイブリッド誕生の可能性は低いです。

フルモデルチェンジ後も200系ハイエースと併売になる可能性も

f:id:smartcreater:20170809185535j:plain

300系では、あまりにも内容が大胆に変わってしまうということもあって、旧来の200系型の特徴を求めるユーザーのことを考慮し、フルモデルチェンジ後も200系が継続販売される可能性も

安全装備にはトヨタセーフティセンスPと予想

f:id:smartcreater:20170809195219j:plain

フルモデルチェンジ後の新型ハイエースの安全装備に関しては、トヨタセーフティセンスCではなく、トヨタセーフティセンスPが搭載されると予想。

ハイエースは、介護車両や送迎車両としての用途も多いだけに、歩行者検知に対応する自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)など、安全性能の高いトヨタセーフティセンスPが採用されるのが自然と言えるでしょう。

その他、トヨタセーフティセンスPには、

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

という機能も備わるため、ドライバーの運転負担軽減も期待できます。

新型ハイエースの発売時期は?15年ぶりのフルモデルチェンジが有力

f:id:smartcreater:20170809184745j:plain

6代目となる新型ハイエースの発売時期に関しては、現在2019年が有力となっています。

これは、15年ぶりのフルモデルチェンジということになりますが、実は現行の5代目ハイエースも約15年のスパンでフルモデルチェンジを行っています。

<参考>

4代目H100系ハイエース⇒1989年発売

5代目H200系ハイエース⇒2004年発売

2019年にフルモデルチェンジとなれば、今回も同様のスパンでのリニューアルとなります。

300系 新型ハイエースのフルモデルチェンジ最新情報のまとめ

商用バンとして絶大な人気を誇るハイエースが、フルモデルチェンジ後の300系では、セミオーバーの採用等、旧来とは大幅にイメージが変わる、いわば転換期とも言えます。

また、ハイエース最大のライバル、日産キャラバンに関しては、現行型に改良されてからは好調であり、2017年7月にはマイナーチェンジを行って大幅に進化させています。

・キャラバンがデザイン・機能共に大幅リニューアル!

>>キャラバンNV350のマイナーチェンジ情報はこちら

次期ハイエースの投入後に、旧来のユーザーが300系へスムーズに移行できるのか、それとも200系に留まるのか要注目です。

新しい情報が入れば、更新致します。

<ミニバン関連記事>

・アルファードとヴェルファイアがリニューアルへ!

>>アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報

・次期エルグランドの動向について

>>エルグランドのフルモデルチェンジ情報

・ステップワゴンスパーダが大幅改良でハイブリッド搭載

>>ステップワゴンハイブリッドの最新情報