新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2017年12月 ハイエースがマイナーチェンジして5型へ!200系最後の改良か

f:id:smartcreater:20170809181250j:plain

トヨタの200系ハイエースが2017年12月にマイナーチェンジを行う見通しです。

現行モデルの200系ハイエースは、2004年8月23日に発売して以来、

  • 2007年
  • 2010年
  • 2013年

と過去に3度のマイナーチェンジを実施しており、4型と呼ばれるモデルが現在発売されている状況です。

そんな中、4度目となるマイナーチェンジを実施して、いよいよ最終型と見られる5型が発売されることとなります。

今回は、5型となるハイエースのマイナーチェンジについて注目ポイントをピックアップしてみました。

ハイエースのマイナーチェンジ最新情報!5型発売へ

f:id:smartcreater:20170809181222j:plain

 5型へとマイナーチェンジする新型ハイエースの注目内容は、

安全装備

エンジンの改良

の2点となります。

ハイエースにトヨタセーフティセンス搭載の可能性

f:id:smartcreater:20170809195219j:plain

今回のマイナーチェンジの主な目玉内容になると見られるのが、安全装備の強化。

その安全装備としては、トヨタセーフティセンスが搭載される可能性が高いということです。

なぜならば、トヨタは、2017年末までに日本、北米、欧州のほぼ全ての乗用車へトヨタセーフティセンスの設定をする予定ということが発表されているからです。

>>その証拠となるニュースリリースがこちら

 送迎車や介護車両等の用途で使用されることが多いという事と、ハイエースの車格を踏まえると、歩行者検知対応の自動ブレーキシステムが搭載されたトヨタセーフティセンスP搭載が本来打倒と言えます。

しかしながら、現行ハイエースは、2004年に発売されたモデルということもあり設計が古く、トヨタセーフティセンスPの搭載は困難と予想。

同様に古い設計となる現行エスティマ(2006年にデビュー)が2016年のマイナーチェンジで、トヨタセーフティセンスCを搭載させたことを踏まえると、今回の5型ハイエースには、トヨタセーフティセンスC搭載の可能性が高いと言えます。

ハイエース その他マイナーチェンジの変更点は?

 

f:id:smartcreater:20170810230943j:plain

安全装備追加以外で、その他マイナーチェンジでの変更点としてはエンジンの改良が有力となっています。

現在の4型となる200系ハイエースには、以下のエンジンが採用されています。

〇1KD-FTV ディーゼルエンジン

<スペック>

  • 最高出力<ネット>:106kW(144PS)/3,400r.p.m.
  • 最大トルク<ネット>:300N・m(30.6kgf・m)/1,200~3,200r.p.m.

〇1TR-FE 2.0L DOHC Dual VVT-iガソリンエンジン

<スペック>

最高出力<ネット>:100kW(136PS)・5,600r.p.m.

最大トルク<ネット>:182N・m(18.6kgf・m)/4,000r.p.m.

〇2TR-FE 2.7L DOHC Dual VVT-iガソリンエンジン

<スペック>

最高出力<ネット>:118kW(160PS)/5,200r.p.m.

最大トルク<ネット>:243N・m(24.8kgf・m)/4,000r.p.m.

 可能性があるのが、1KD-FTV ディーゼルエンジンが、ランクルプラドに搭載されている直4 2.8リッターの1GD-FTVディーゼルエンジンへの変更。

スペックとしては、

  • 最高出力:130kW(177PS)/3400rpm
  • 最大トルク:450Nm(45.9kgm)/1600-2400rpm

を誇り、旧来のKDエンジンと比べても、

  • 最大で燃費性能が15%向上
  • ダウンサイズ下にも関わらず最大トルク25%、低速トルクが11%向上

という特徴を持っています。

1GD-FTVが公開された2015年6月には、今後「現在の主力ディーゼルエンジンを短期間で刷新する」とも発表されていることから、今回のマイナーチェンジで1GD-FTV型ディーゼルエンジン搭載の可能性は十分考えられます。

ライバルのキャラバンは一足早くマイナーチェンジ実施!

f:id:smartcreater:20170811192947j:plain

ハイエースの最大のライバルのNV350 キャラバンについては、一足早く2017年7月13日にマイナーチェンジを実施しました。

新型キャラバンの詳細はこちらの記事を参照下さい。

>>キャラバンのマイナーチェンジ最新情報

自動ブレーキのインテリジェント エマージェンシーブレーキやVDC、ヒルスタートアシストといった先進装備がバン全グレードに標準装備されることとなったため、ハイエースにも先進装備の充実ができるのかどうかが注目となります。

次期ハイエースは2019年登場が有力

f:id:smartcreater:20170809184745j:plain

300系となる次期ハイエースに関しては、現在2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が有力となっています。

それゆえ、200系ハイエースは、2017年のマイナーチェンジが最終型となる可能性が高い状況です。

次期ハイエースは、セミオーバーを採用するなど、200系から大幅な方向転換がされると予想されており、200系ユーザーがスムーズに移行できるのかどうかに注目が集まります。

そんな次期キャラバン 300系の情報はこちらの記事にて解説しています。

>>次期ハイエースのフルモデルチェンジ最新情報

新しい情報が入れば、更新致します。

<関連記事>

・アルファードとヴェルファイアが大幅改良へ

>>アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報はこちら

・次期エルグランドの動向

>>エルグランドのフルモデルチェンジを徹底予想!

・マツダ ミニバンの代わりとなる新世代SUVを投入

>>ミニバンユーザーがターゲット!CX-8の最新情報