新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

ハイラックスが復活確定!日本発売が2017年9月12日に実施見込み。13年ぶりのフルモデルチェンジへ

f:id:smartcreater:20170726220228p:plain

かつて日本でも販売されていたピックアップトラックモデルのハイラックス。

7代目ハイラックスが発売された2004年以降は海外専売モデルとなっていましたが、13年ぶりに日本でも復活して発売されることとなります。

日本発売される新型ハイラックスピックアップは、2015年からタイ等で発売されているフルモデルチェンジされた8代目ハイラックスが輸入モデルとして投入という形になります。

そんな復活する日本仕様の新型ハイラックスについて注目ポイントをピックアップしてみました。

2017年9月12日 新型ハイラックスとして復活!日本仕様の詳細

f:id:smartcreater:20170626235052j:plain

復活する日本仕様の新型ハイラックスの発売時期(発売日)に関しては、2017年9月12日となる見通しです。

かつてハイラックスピックアップという名称で販売されていましたが、今回はピックアップの名称はつかずに、ハイラックスとして販売されることとなります。

その新型ハイラックスの内容として注目ポイントは、

  • デザイン
  • パワートレイン
  • 安全装備

となります。

復活する新型ハイラックスのエクステリアデザイン

13年ぶりの復活となる日本仕様の新型ハイラックスのエクステリアデザインは、海外モデルとほぼ同じデザインとなる見込みです。

日本仕様とほぼ同様のデザインとなる海外仕様の8代目ハイラックスのエクステリア画像がこちら。

f:id:smartcreater:20170626235303p:plain

f:id:smartcreater:20170626235329j:plain

上の画像のボディカラーは、ネブラブルーM。

f:id:smartcreater:20170626235337j:plain

f:id:smartcreater:20170626235340j:plain

上の画像のボディカラーは、クリムゾンスパークレッドM。

新型ハイラックスのフロントデザインには、水平基調のグリルが採用されており、ヘッドランプには横長ランプを採用。

f:id:smartcreater:20170626235410j:plain

f:id:smartcreater:20170626235417j:plain

<オプション>
  • オプションでは、
  • ゲートプロテクター
  • トノカバー
  • マフラーカッター
  • リアゲートデカール
  • フロントバンパープロテクター

を装備することが可能となります。

新型ハイラックスのボディサイズ

  • 全長:5330mm
  • 全幅:1855mm
  • 全高:1800mm

新型ハイラックスのボディカラーは5色

 

新型ハイラックスのボディカラーは、

  • スーパーホワイトⅡ
  • アティチュードブラックM
  • シルバーM
  • クリムゾンスパークレッドM
  • ネブラブルーM

の5色になる見通しです。

新型ハイラックスのインテリア画像

新型ハイラックスのインテリア画像は以下の通りです。

f:id:smartcreater:20170627000457j:plain

バックモニターも採用されており、また、トランスファーダイヤルについてあ、空調パネルの右に装備。

f:id:smartcreater:20170627000500j:plain

f:id:smartcreater:20170627000501j:plain

メーターパネルに関しては、中央部分にTFTインフォメーションディスプレイを装備(グレードによる)

f:id:smartcreater:20170627000503j:plain

f:id:smartcreater:20170627000505p:plain

全体的に質感も高く、デザインとしてもまとまった内装となっています。

新型ハイラックスのパワートレインにディーゼルエンジン搭載

日本で復活する新型ハイラックスのパワートレインには、ディーゼルターボエンジンが搭載されることとなります。

f:id:smartcreater:20170627222930p:plain

そのエンジンには、2GD-FTV型ディーゼルエンジンが搭載される見通しです。

<2GD-FTVスペック>

タイプ:水冷直列4気筒 DOHC 16バルブ 電子制御コモンレール筒内直接噴射 可変ジオメトリーターボ
排気量:2,393cc
内径×行程:92.0mm×90.0mm
圧縮比:15.6
出力:110kW(150PS)/ 3,400rpm 400N·m(40.8kg·m)/ 1,600~2,000rpm

 

ちなみに、海外モデルのハイラックスには、ディーゼルターボモデルは、2.4Lモデル以外に、ランドクルーザープラドに搭載されている2.8L1GD-FTV型エンジンそして、2.7Lと4.0Lのガソリンエンジンモデルの4種類がラインナップされている状況です。

新型ハイラックスの安全装備にトヨタセーフティセンスPはなし

f:id:smartcreater:20170627223815j:plain

今後の、日本のトヨタ車には先進安全装備のトヨタセーフティセンスが搭載されることになるのですが、新型ハイラックスは、輸入販売ということもあってトヨタセーフティセンスPは搭載されない予定です。

新型ハイラックスに搭載される安全装備は以下のものとなります。

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • 車線逸脱警報システム

これは、上級グレードのZグレードに装備されることとなります。

新型ハイラックスの価格とグレード

日本復活する新型ハイラックスの価格とグレードに関しては以下の通りとなる見通しです。

Xグレード

  • ホイールキャップ
  • カラードバンパー
  • バックモニター
  • ヒルスタート・アシスト
  • サイド&カーテンエアバッグ
  • 運転席ひざ(ニー)エアバッグ

価格は約325万円

Zグレード

(Xグレードの内容に加えて)

  • プリクラッシュ・セーフティシステム
  • 車線逸脱警報システム
  • ディファレンシャル・ロック
  • TFTインフォメーション画面
  • アルミホイール
  • LEDヘッドランプ&フォグランプ
  • メッキバンパー
  • クルーズコントロール
  • スマートエントリー&スタート
  • 革巻きステアリング&シフトレバー
  • コンライト(自動ランプ点消灯機構)

価格は約380万円

新型ハイラックスTRDも日本発売へ

f:id:smartcreater:20170627224713j:plain

新型ハイラックスTRD仕様は日本でも発売されることとなります。

専用アクセサリーパッケージとして以下のものが用意されることとなります。

ユーティリティパッケージ

  • ゲート・プロテクター
  • ベッドライナー
  • トノカバー

ワイルドパッケージ

  • リアゲート・デカール
  • マフラーカッター
  • フロントバンパープロテクター

スポーティ・パッケージ

  • 専用メッシュグリル(艶消しブラック)
  • フロントアンダーカバー(赤のボルト留め式)
  • サイドステップ
  • 荷台スチールバー(艶消しブラック)

新型ハイラックス日本復活の最新情報まとめ

13年ぶりのフルモデルチェンジということで、新型ハイラックスが2017年9月12日に発売することとなります。

 

かつてのライバル、三菱トライトン等ライバル車が撤退してしまった中、国内で唯一のヘビーなピックアップトラックとなる新型ハイラックス。

輸入販売モデルになるとは言え、従来のハイラックスピックアップファンの人にとってはたまらないですよね。

SUVブームとなる中、ヘビーデューティピックアップとなる新型ハイラックスがどこまで販売を伸ばせるのか要注目です。

最新情報が入れば、更新致します。

<関連記事>

ハイラックスの復活と同じ日にランドクルーザープラドも大幅リニューアルへ

>>ランドクルーザープラドのマイナーチェンジ最新情報