新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

新型インプレッサ スポーツ&G4 B型へマイナーチェンジ(年次改良)は2017年秋頃!予想するSTI sportグレードやアイサイトツーリングアシストについて

f:id:smartcreater:20170726223727j:plain

スバルの主力モデルとなっているインプレッサ。

インプレッサには、ハッチバックタイプのインプレッサスポーツとセダンタイプのインプレッサG4がラインナップされていますが、両車ともに2016年にフルモデルチェンジしたばかり。

その新型インプレッサが2017年秋頃にマイナーチェンジ(年次改良)が行われてアプライドB型へと進化する見通しです。

新型インプレッサは、質感高い内外装デザインに加え、新型プラットフォームSGPを搭載して大幅に走行性能を向上させ大好評となっています。

そんな新型インプレッサスポーツ&G4がデビュー2年目となるB型の注目ポイントをピックアップしてみました。

新型インプレッサ スポーツ&G4 B型の最新情報

f:id:smartcreater:20170719230923j:plain

2017年に年次改良(マイナーチェンジ)される新型インプレッサ スポーツとG4のB型での注目内容は、

  • アイサイトの最新バージョン
  • 新グレードSTI Sportのラインナップの可否

の2つのポイントとなります。

新型インプレッサB型でSTI sportグレード追加を予想

新型インプレッサB型でラインナップが有力となっているのがSTI Sportsグレード。

STI Sportsグレードとは、スバルとSTI(スバルテクニカインターナショナル)が共同で開発したものであり、現在レヴォーグに最上級グレードとしてラインナップされています。

f:id:smartcreater:20170719231711j:plain

このSTI sportグレードに関しては、特別仕様モデルという形ではなく、通常グレードの最上級モデルとなっている所がポイントです。

今後、レヴォーグ以外の車種に展開されていく予定で、スバルの中期経営ビジョンである「際立とう2020」でもSTIブランドの強化が掲げられていることもあり、BMWのMシリーズのような存在になっていくことが期待されています。

そして、今回のインプレッサB型でインプレッサSTI sportのラインナップが有力視されている状況です。

その新型インプレッサSTI sportの内容として予想するのは、

  • 外装: STI Performance マフラー、STIアンダースポイラー(フロント・サイド・リア)、グロスブラック塗装リアスポイラー、専用バンパー、マットブラック塗装18インチアルミホイールetc...
  • サスペンション:フレキシブルドロースティフナー、フレキシブルVバー
  • 内装:専用シート(ボルドー革/ブラックアルカンターラ)、専用本革ステアリング、STIシフトノブ etc...
  • その他:専用クランプスティフナー付電動パワーステアリング、WRブルー・パール(STI Sport専用色)

といった内容になります。

ちなみに、レヴォーグSTI Sportに採用されているビルシュタインフロントストラット(DampMaticRⅡ、倒立式)やビルシュタインリヤダンパー&コイルスプリングが採用となれば、相当スポーティなインプレッサが誕生することとなります。

<BRZとWRX S4にもSTI Sportのラインナップが濃厚>

・BRZ STI Sport CONCEPT

f:id:smartcreater:20170719234011j:plain

引用:https://www.subaru.jp/tas2017/lineup/detail_6.html

 

・WRX S4 STI Sport CONCEPT

f:id:smartcreater:20170719234059j:plain

引用:https://www.subaru.jp/tas2017/lineup/detail_5.html

また、東京オートサロン2017(2017年1月13日~15日開催)では、「インプレッサG4 STI Performance」というモデルが出展されていました。

・IMPREZA G4 -STI Performance

f:id:smartcreater:20170719234232j:plain

引用:https://www.subaru.jp/tas2017/lineup/detail_8.html

 STI Sportグレードではないものの、IMPREZA G4をベースにSTI専用パーツを装備した内容となっており、これがインプレッサSTI Sportのヒントになるとも考えられます。

<インプレッサG4 STI Performanceのスペック他>

〇エンジン系
形式 FB20
排気量 1,995cc
出力 ( 113 kw) or ( 154 ps / 6,000 rpm)  
トルク ( 196 N・m(20 kgf・m)4000/rpm]

〇排気系
マフラー STI Performanceマフラー(試作)

〇タイヤ
名称 DUNLOP DIREZZA DZ102
サイズ(F) 225/40R18
サイズ(R) 225/40R18

〇その他

ブレーキ:STIドリルドディスクローター

チューニング:フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナー、ピロボールブッシュリヤサスリンク

新型インプレッサB型にアイサイトツーリングアシスト搭載か

新型インプレッサB型で最も注目ポイントとなるのがスバルの先進装備のアイサイトツーリングアシスト

f:id:smartcreater:20170719235234j:plain

新型インプレッサA型には、

  • プリクラッシュブレーキ
  • 全車速追従機能付クルーズコントロール
  • アクティブレーンキープ
  • AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御
  • 警報&お知らせ機能

の機能が備わったアイサイトver3が搭載されていましたが、さらに充実した新型アイサイトが搭載される見通しです。

このアイサイトツーリングアシストは、元々、アイサイトver4になると思われていたものであり、その内容は、以下の通り。

〇全車速追従機能付クルーズコントロール

設定した速度(全車速対応)でアクセルとブレーキ制御を自動でコントロールし、先行車がいれば、適切な距離を空けて追従走行するシステム

〇ステアリング制御

車線内からはみ出さないように制御&車線内の中央を走るように制御するレーンキープアシスト機能と、車線が確認しずらい場合等に先行車認識で追従操舵をするシステム

の2つの機能を採用することによって、実質同一車線での自動走行が可能になるシステムです。

※スバルはあくまでもこれを自動走行機能ではなく運転支援システムとしている

このアイサイトツーリングアシストは、2017年8月発売のレヴォーグD型とWRX S4 D型に初搭載されています。

これに続いて、インプレッサもB型での採用が有力となっています。

アイサイトセイフティプラス

f:id:smartcreater:20170720000911j:plain

他にも、最新のアイサイト機能として、

  • 自動防眩ルームミラー付のハイビームアシスト

フロントウインドウに装備された単眼カメラ(ステレオカメラとは別)によって、前方の光を検知して、状況に合わせてハイビームとロービームを自動的に切り替えをするシステム

  • スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

後側方から自車に向かって接近する自動車を車両後部の内蔵センサーで検知。

衝突する危険があるとシステムが判断した時に、ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警報音にて運転手に注意喚起してくれる機能

  • スマートリヤビューミラー

ルームミラーに、リヤゲートガラスの内側に装備されたカメラ映像を表示できるミラー。

  • フロント&サイドビューモニター

マルチファンクションディスプレイに、フロントグリルおよび助手席側ドアミラーに装着されたカメラ映像を映し出すことができる機能。

というアイサイトセイフティプラスがB型より採用される可能性が有力。

ただし、レヴォーグとの差別化のために一部が省かれる可能性は否めません。

新型インプレッサB型 東京モーターショー2017でのアクションに期待

f:id:smartcreater:20170720001447j:plain

STI Sportグレードを含め、新型インプレッサB型について東京モーターショー2017で何らかのアクションがあることが期待されるため、今年の東京モーターショーは要注目です。

新型インプレッサB型 マイナーチェンジ最新情報のまとめ

f:id:smartcreater:20170720001613j:plain

コンフォートでかつ質感高く進化した5代目インプレッサスポーツ&G4。

B型ではさらに洗練された内容へと進化することになりますが、スポーティなSTI Sportグレード追加となれば大きな話題となりそうです。

もちろん、アイサイトの最新モデル搭載も注目所ですが、レヴォーグとWRX S4とのなんらかの差別化が図られると思われるため、どこまで思い切った新機能追加がされるのかがB型の見所となります。

新しい情報が入れば、また更新致します。

<おすすめ記事>

>>アテンザのフルモデルチェンジ最新情報

>>クラウンのフルモデルチェンジ最新情報