新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2017年 新型ジューク フルモデルチェンジ最新情報!e-POWERとプロパイロット搭載でC-HR対抗なるか?

日産のジュークのフルモデルチェンジの最新情報をお伝えします。

2代目となる新型ジュークに関しては、ハイブリッドシステムとしてのe-POWERや、先進装備のプロパイロット搭載が有力なだけにその動向に注目が集まっている状況。

現時点では、新型ジュークの発表時期は2017年後半が有力視されています

今や、C-HRやヴェゼルといったコンパクトクロスオーバーSUVがブームになっているだけに、日産としてもいち早く次期ジュークで巻き返しを図りたい所。

そこで、新型ジュークのフルモデルチェンジについて注目ポイントをピックアップしてみました。

新型ジュークのフルモデルチェンジ最新情報

f:id:smartcreater:20170805003304j:plain

フルモデルチェンジする新型ジュークの注目内容は、

  • 外観デザイン
  • 装備&ハイブリッドシステム
  • 日本発売時期

の3点となります。

新型ジューク フルモデルチェンジ後の外観デザインはどうなる?

f:id:smartcreater:20170805003600j:plain

フルモデルチェンジ後の新型ジュークの外観画像として大きなヒントとなるのが、Nissan Gripz Concept(ニッサン グリップス コンセプト)。

このNissan Gripz Conceptは、フランクフルトショー2015にて公開された日産の最先端のハイブリッドEVパワートレインを搭載したSUVコンセプトとして公開されました。

センセーショナルな2+2クロスオーバーとしてNissan Gripz Conceptは、

  • 伝説のラリーカーやスポーツ用自転車から着想
  • 日産のデザインコンセプト「エモーショナル・ジオメトリー」を採用
  • 若い世代に向けた新しいタイプのスポーツコンパクトクロスオーバー

といった内容が掲げられています。

このNissan Gripz Conceptこそが次期ジュークのコンセプトとなると見られています。

新型ジュークの外観デザインの大きなヒントとなるNissan Gripz Conceptのデザインを参考に紹介します。

フロントビュー

f:id:smartcreater:20170805004302j:plain

Vモーショングリルとブーメランランプといった現在の日産のデザインアイデンティティを採用し、全体的に立体感のあるデザインを採用。

サイドビュー

f:id:smartcreater:20170805004451j:plain

ダイナミックでエモーショナルなキャラクターラインが印象的。

また、ブラックアウト化されたAピラーも見逃せない所。

リアビュー

f:id:smartcreater:20170805004633j:plain

ブーメラン形状のコンビランプと 独特なルーフ形状に加え、ブラックアウト化された中央のパーツが目を惹きます。

このフォルムが市販化されれば、トヨタのC-HRと真っ向に対抗できる次世代感あふれるリアデザインとなるでしょう。

<参考 Nissan Gripz Conceptボディサイズ>

  • 全長 4,100mm
  • 全幅 1,890mm
  • 全高 1,500mm
  • ホイールベース 2,580mm

新型ジュークのイメージCG画像も

f:id:smartcreater:20170724000649j:plain

海外メディアでは、新型ジュークのイメージCG画像が公開されています。

>>新型ジュークのイメージCG画像はこちら(海外サイト)

 このCGでは、キックスや新型マイクラ(日本名マーチ)を彷彿させるデザインとなっており、2017年現在発売となれば、かなり現実的なデザインと言えそうです。

<キックス>

f:id:smartcreater:20170805010055j:plain

<新型マイクラ>

f:id:smartcreater:20170704000852p:plain

※新型マイクラ(マーチ)の情報はこちらの記事にて

>>マーチのフルモデルチェンジ最新情報

新型ジュークのプラットフォームにCMF

f:id:smartcreater:20170805010548j:plain

フルモデルチェンジする新型ジュークのプラットフォームには、新型マイクラ同様の「CMF-Bプラットフォーム」が採用される見通しです。

※CMF(コモン・モジュール ・ファミリー)は、日産とルノーが共同開発した新型プラットフォームのこと

新型ジュークにe-POWER採用か!?搭載エンジンは?

f:id:smartcreater:20170805010734j:plain

Nissan Gripz Conceptでは、

電気自動車の技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載

と掲げられていたこともあり、新型ジュークのフルモデルチェンジの目玉の一つは「e-POWER」採用となる可能性が有力に。

e-POWERと言えば、ノートが大ヒットする要因になったシステムだけに、次期ジュークへの搭載は当然とも言える内容です。

<参考 ノートe-POWERのモータースペック>

〇「EM57」モーター

  • 最高出力80kW(109PS)/3008-10000rpm
  • 最大トルク254Nm(25.9kgm)/0-3008rpm

 燃費性能に関しては、C-HRハイブリッドのJC08モード30.2km/L越えとなる数値が予想されます。

※ヴェゼルハイブリッドは27.0 km/L

搭載エンジンは1.2Lダウンサイジングターボか?

搭載が予想されるエンジンについては、現在のHR15DE型 1.5リッター直列4気筒DOHCエンジンではなく、ダウンサイジングターボとなる1.2リッターDIG-T直列3気筒直噴DOHCターボエンジンです。

 <予想スペック>

  •  最高出力:120ps.
  • 最大トルク:19.3kgm
  • トランスミッション:CVT

新型ジューク プロパイロット搭載が有力

f:id:smartcreater:20170805013310j:plain

新型ジュークのフルモデルチェンジのもう一つの目玉となるのが同一車線自動運転技術のプロパイロット。

プロパイロットは、全車速対応の追従機能付きクルーズコントロールとレーンキープアシスト機能によって、実質単一車線内での自動走行が可能となる日産の先進装備となります。

そんな高速道路での運転の負担が大幅軽減できるプロパイロットシステムを、セレナ、エクストレイル、新型リーフに続いての搭載になる可能性が高い状況です。

また、発売時期を考えれば、新型リーフに初搭載される自動駐車機能のプロパイロットパーキングも期待したい所

※自動駐車機能搭載の新型リーフの詳細情報はこちらの記事にて

>>新型リーフのフルモデルチェンジ最新情報

新型ジューク フルモデルチェンジの発表時期は2017年後半か

かつては、新型ジュークのフルモデルチェンジを2017年3月に海外で発表し、その後日本で発売かと見られていたものの、現時点ではまだ発表されておらず、いつ発売するのかと注目が集まっています。

現時点では、日本での新型ジュークの発表舞台は、2017年10月開催の東京モーターショー2017が有力となっています。

そして2017年末もしくは2018年に発売開始と予想します。

新型ジュークのフルモデルチェンジ最新情報のまとめ

トヨタC-HR、ホンダ ヴェゼルといったコンパクトクロスオーバーSUVが飛ぶ鳥を落とす勢いで人気となる中、本来、ジュークも売れ筋車種になるべき存在ですが、残念ながらそうなっていないのが惜しい所。

今後は、レクサスもこのコンパクトSUV市場に参入することが判明しており、増々競争の激しい市場になることが予想されます。

※レクサスの新世代コンパクトSUVの詳しい情報は以下の記事をご参照下さい

>>レクサスUXの最新情報

ジュークは、元々、クロスオーバーSUVの先駆者だっただけに、次期モデルで巻き返しを図ることができるのかが注目所となります。

新しい情報が入れば、更新致します。

<関連記事>

・次期エクストレイルは、PHEV技術を導入か

>>エクストレイルのフルモデルチェンジ最新情報

・スバルの次世代フォレスターが2018年デビューへ

>>フォレスターのフルモデルチェンジ最新情報

・マツダの新世代SUVが話題!7人乗りに対応

>>CX-8の最新情報