新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

2017年 新型リーフへフルモデルチェンジ!自動運転技術プロパイロット搭載&航続距離大幅向上

f:id:smartcreater:20170701005524j:plain

日産自動車が販売するリーフがついにフルモデルチェンジします。

電気自動車として国内走りがけ的存在となった現在の初代リーフ。

2代目リーフに関しては2017年9月6日にモデルチェンジを発表し、2018年までに発売となる見通しです。

フルモデルチェンジする新型リーフで注目すべき内容はこちらになります。

2017年にフルモデルチェンジするリーフの最新情報

f:id:smartcreater:20170623191412j:plain

 リーフのフルモデルチェンジのポイントとなるのは主に以下の2点です。

  • 自動運転技術プロパイロット搭載
  • バッテリー容量増加による航続距離増加

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

新型リーフ 自動運転技術プロパイロット搭載

新型セレナ(2016年8月発売)に初搭載された日産の自動運転技術のプロパイロット。

これは、先行車がいる場合という条件があるものの、実質高速道路や自動車専用道路にて単一車線自動走行が可能になるシステムです。

このプロパイロットがモデルチェンジする新型リーフに搭載されることが決まりました。

プロパイロット搭載の新型リーフティザー動画

日産は、2017年6月22日に新型リーフのティザー動画を公開しました。

その動画がこちらです。

新型リーフには、

  • 先行車への追従機能付きクルーズコントロール
  • 車線をはみ出さないようにコントロールするレーンキープアシスト

というプロパイロットの機能のほか、

  • 自動ブレーキのエマージェンシーブレーキ
  • 停止保持の電動パーキングブレーキ

といった先進装備も搭載される見通し。

ちなみに、プロパイロットについては、今後2.0、3.0というように進化することが発表されています。

〇プロパイロット2.0(2018年登場予定)

⇒複数車線でのレーンチェンジを自動で可能となるシステムを導入。メルセデスベンツの新型Eクラスですでに搭載されている機能に似たシステムと思われる。

〇プロパイロット3.0(2020年登場予定)

2020年導入予定のプロパイロット3.0では、ついにドライバーが操作せずにインターチェンジでの合流なども含め、一般道路での自動走行(信号・交差点、十字路の判断も含める)が可能となる見通しです。

 目的地を指定するだけで無人走行で目的地へ送り届けてくれる完全自動走行はさらに次世代プロパイロットとなりますが、そう遠くない未来に自動運転車の登場が期待できる状況なのです。

新型リーフにプロパイロット2.0は?

発売時期が2018年ということもあり、モデルチェンジする新型リーフには、プロパイロット2.0搭載が期待されています。

<追記>

日産が公開した新型リーフの動画を確認する限り、レーンチェンジについて触れられていないため、新型リーフに搭載されるのはプロパイロット1.0になる可能性が高い状況です。

自動駐車可能なプロパイロットパーキングがスゴイ!

今回の新型リーフのフルモデルチェンジの目玉の一つとなりそうなのが、国産車初の本格的自動駐車システムとなる「プロパイロット パーキング」の採用についてです。

 プロパイロットパーキングの公式動画がこちらです。

  • アクセル
  • ブレーキ
  • シフト
  • ハンドル
  • パーキングブレーキ

という駐車操作を全て自動で制御してくれるシステムとなっています。

プロパイロットパーキングの仕組みはどうなってる?

f:id:smartcreater:20170718221704j:plain

海外メーカーに関しては、メルセデスベンツのEクラス、テスラモーターズのモデルS
で同様の自動駐車システムが採用されています。

そもそもプロパイロットパーキングの仕組みはどうなっているのかというと、

  • 駐車場に入って、パーキングボタンを押す
  • その後徐行で進むとシステムが空いているスペースを検知し、ナビ画面にそれを表示
  • 駐車したい場所をドライバーが選択する
  • その選択した場所へ駐車できるようにハンドル操作、シフト操作、アクセル、ブレーキ
  • 制御等をシステムが自動で行って駐車完了させる

といった仕組みとなっています。

何といっても、日産がこのシステムを国内初の一般車両への搭載を実現させたということが大きなポイントになります。

新型リーフのバッテリー容量が拡大

f:id:smartcreater:20170718214839j:plain

モデルチェンジする新型リーフのバッテリーに関しては、モデルチェンジ前よりも容量が2倍になると見られています。

そもそも、初代リーフがマイナーチェンジを行った2015年には、充電走行可能距離が280kmへと向上した最大30kWh駆動用バッテリーが新採用されたばかりです。

新型リーフに搭載されるバッテリータイプに関しては、現時点では48kWh駆動用バッテリー60kWh駆動用バッテリーの2種類のバッテリータイプが用意される可能性が有力です。

新型リーフの航続距離は?

新型リーフの充電満タン時の走行航続可能距離に関しては、

  • 48kWh駆動用バッテリーモデル⇒400km
  • 60kWh駆動用バッテリーモデル⇒550km

程度となるのではと見られています。

 ただ、バッテリー容量が増えると航続距離がのびるというメリットの反面、充電時間が増えるというデメリットも出てきてしまいます。

バッテリー充電時間は・・・

バッテリー充電時間に関しては、100%充電で

  • 200V充電で約16時間
  • 100V充電で約56時間

となる可能性が高いです。

ただ、急速充電(200V)にすると、バッテリー容量の80%充電完了まで30分から一時間程度で可能となるため、急速充電は必須となりそうですね。

テスラモデル3といったライバルのEVも出てくるため、日産としては何としても対抗措置を取りたい所でしょう。

<追記>

新型リーフ搭載のスペック情報追加。

新型リーフの航続距離は365kmオーバーで、モータースペックについては、150ps/32・6㎏-mとなる見通し。

アクセルペダルのみで加速と減速を調整できるようになったノートe-POWERのような仕組みも取り入れられる模様です。

新型リーフ 世界初の1ペダル「e-Pedal」採用

f:id:smartcreater:20170721003036j:plain

新型リーフで日産肝いりの技術として投入されるのが「e-Pedal」。

このeペダルに関しては、世界初となるアクセルペダルのみ(ワンペダルのみ)で発進や加速、減速、停止保持が可能となる機能となっています。

eペダルは、専用スイッチを押すことで作動するようになっており、運転の90%をカバーすることが可能となっています。

1ペダルで大まかの運転が可能となることで、特に渋滞時の運転手の負担が軽減されることとなりそうです。

新型リーフの外観デザインはクール!

新型リーフのデザインについてですが、エクステリアの一部画像がすでに公開されています。その画像がこちら。

f:id:smartcreater:20170623185105j:plain

ヘッドライト部分となりますが、斜め上へとラインが引かれたチューブ形状のものと、LEDヘッドライトが確認できます。

また、グリルの一部分についても画像が公開されています。

f:id:smartcreater:20170701005524j:plain

【2017.8.4追記】

日産が、新たな新型リーフのイメージ画像とアニメーション動画を公開。

そのイメージ画像がこちら。

f:id:smartcreater:20170804120350j:plain

優れた空力性能の新型「日産リーフ」は、エアロダイナミックなスタイルで、EVならではの感動的な走りを実現。

EVのエネルギー効率や航続距離には、空気抵抗が大きく影響しますが、新型「日産リーフ」は、抜群の空力と未来を予感させるデザインで、爽快な走りを提供します。

と表現されています。

そして「エアロダイナミックデザイン」のイメージアニメーション動画がこちらになります。

新型リーフのコンセプト画像

新型リーフのコンセプトとなるのが、東京モーターショー2015で公開した「Nissan IDS Concept(ニッサン IDS コンセプト)」。

f:id:smartcreater:20170623185430j:plain

f:id:smartcreater:20170623185530j:plain

未来感あふれるデザインに、ブーメラン型形状のヘッドライトVモーショングリルという日産のトレンドとなっているデザインが採用されている所がポイント。

これらをもとに、海外では次期リーフのイメージCGも作成されています。

最新のCG画像はこちら。

次期リーフの最新予想CG画像(海外サイト)

新型リーフのスパイショット画像

f:id:smartcreater:20170718211920j:plain

ちなみに新型リーフのテストカーのスパイショット画像が海外メディアにて公開されています。

スパイショット画像サイト1

スパイショット画像サイト2

【追記情報】

ついにカモフラージュされていない新型リーフの外観の実写画像が海外メディアにてスクープ撮影

>>新型リーフの外観 実写画像(海外サイト)

この実写画像を見ると、フロントのデザインは新型マイクラを彷彿させ、リアはボルボのV40を彷彿させる、質感高い未来感あるデザインとなっています。

新型リーフのインテリア画像について

新型リーフのインテリアの画像も一部公開されています。その画像がこちら。

f:id:smartcreater:20170623185901p:plain

プロパイロット機能使用時のメーターパネル画像となります。

これからの時代を担うEVということもあって、先進性あふれるデザインが期待されますが、スパイショット画像を見るとインパネはそこまで斬新なものではなさそうです。

そのテストカーのスパイショット画像がこちら。

次期リーフのインテリアのスパイショット(海外サイト)

プリウスPHVのような大型ディスプレイを装備した先進感のあるデザインを期待していた人にとっては、ちょっと寂しい限り。

プリウスPHVの内装画像↓

f:id:smartcreater:20170623190557j:plain

新型リーフの発売時期と価格

新型リーフのモデルチェンジの発表に関しては、2017年9月6日に行われる事が2017年6月30日に発表されました。

そして発売時期については、2017年内~2018年初頭が有力です。

新型リーフのグレード

フルモデルチェンジ後のリーフのグレード体系については、

  • Sグレード

ハイビームアシストや、オートハイビーム、メーターパネルに大型液晶(7インチ液晶ディスプレイ)等搭載

  • Xグレード

ヒートポンプ式のエアコン、ナビシステム・NissanConnect 等を搭載

  • Gグレード

プロパイロット、プロパイロットパーキング、アラウンドビューモニター、ブラインドスポット警報システム、スマート・ルームミラー等を搭載

となる可能性が有力です。

新型リーフの価格に関しては、補助金を活用することで400万円前後(上位グレードオと想定)と予想されます。

新型リーフ最新情報のまとめ

f:id:smartcreater:20170623191432j:plain

自動運転技術とバッテリー性能向上等々、フルモデルチェンジすることで、最先端技術が投入される新型リーフ。

最近では、EV技術を活用したe-POWER搭載の新型ノートが好調ということもあって、新型リーフの販売には大いに期待される状況です。

充電ステーションの設置台数も増えており、新型リーフ発売によって、2018年には電気自動車がより身近な存在になることを期待したいですね。

ライバルとしてテスラのエントリーモデルとなるモデル3や、トヨタのプリウスPHVが想定されますが、次世代環境車として覇権を取ることが出来るのか要注目です。

最新情報が入れば、また本記事にて更新致します。