新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

レヴォーグ D型のマイナーチェンジの変更点を解説!外観、内装デザインはここが変わった!

f:id:smartcreater:20170802185233j:plain

スバルのステーションワゴンのレヴォーグが2017年8月7日にアプライドがD型モデルへマイナーチェンジを実施して発売されます。

すでにD型レヴォーグの詳細情報は公開されており、アイサイトの新機能のアイサイトツーリングアシストが話題となっています。

そこで、今回のビッグマイナーチェンジされたレヴォーグD型の変更点で注目ポイントをピックアップしてみました。

※WRX S4 D型の詳細情報はこちらの記事をご参照ください

>>WRX S4 D型の最新情報

レヴォーグがD型へマイナーチェンジ!最新情報

f:id:smartcreater:20170802185255j:plain

 レヴォーグD型がマイナーチェンジで変更された部分の注目内容としては、

外観、内装デザイン

装備面

STI Sportについて

最新の安全技術

の4点となります。

レヴォーグD型の外観デザイン!マイナーチェンジでどこが変わった?

f:id:smartcreater:20170802185247j:plain

ビッグマイナーチェンジということもあり、レヴォーグD型は外観デザインに初めて改良が行われました。

とは言っても、大幅にイメージが変わったわけではないため、一見マイナーチェンジ前の外観と違いが分からないという方も多いはず。

そこで、注目の外観デザインの変更点を挙げてみました。

フロントグリルの形状が変わった

f:id:smartcreater:20170802190020j:plain

まず、D型レヴォーグでは、フロントグリルの形状が変更されました。

マイナーチェンジ前よりもメッキ部分が落ち着いたデザインとなり、やや現行レガシィB4に近いグリルデザインへと改良されました。

>>レガシィB4 D型の最新情報はこちら

ヘッドライトの変更

f:id:smartcreater:20170802190030j:plain

コの字デザインを採用しているヘッドライトに関しては、インナーレンズにクリスタルカットを採用し、従来下にあったターンランプが内蔵される形へと変更されています。

さらに、このヘッドライトには、SRH(ステアリング・レスポンシブ・ヘッドランプ)という、ヘッドランプの光軸がステアリングの舵角に連動するシステムも採用しています。

f:id:smartcreater:20170802221929j:plain

それだけでなく、上級グレードに関しては、ハイビームとロービームを1つのLED光源で切り替え可能となる新設計のLEDヘッドランプも採用されています。

フロントバンパーの変更

f:id:smartcreater:20170802190028j:plain

D型レヴォーグのフロントバンパーの中に、横長のメッキバーが装着されるようになりました。

このメッキバーがバンパー内にあるかないかで、C型以前のモデルと、D型なのかを見極める一つの目印となります。

フォグランプ周辺

f:id:smartcreater:20170802190024j:plain

マイナーチェンジ前は、ウインカー使用時に光るターンランプがフォグランプの上にありましたが、D型では、ヘッドライトの部分に移行したことがポイントとなります。

フロントマスクのU字部分

f:id:smartcreater:20170802214702j:plain

フロントの下半分の場所にあるU字型となっている部分がありますが、この部分がマイナーチェンジ後は、グリルからより左右に離れてワイドな造形へと変更がされています。

リアのデザインは変更なし

f:id:smartcreater:20170802215325j:plain

リアに関しては、デザインの変更は行われていません。

せめて、スバル新型SUVアセントのようなメッキバーがコンビランプに入り込むといったデザインに改良するなどの変化が欲しかった所。

>>スバル新型SUV アセントの最新情報はこちら

ただ、テールゲートのガラスの肉厚が少し厚くなったり、テールゲートとボディの隙間が少なくなるなどの、細かな改良が行われています。

新ボディカラー追加

f:id:smartcreater:20170802222135j:plain

レヴォーグD型のボディカラーに関しては、従来の「スティールブルーグレーメタリック」を廃止した代わりに、「ストームグレー・メタリック」が追加でラインナップされました。

マイナーチェンジ前後の画像比較

以上が外観デザインの変更部分となりますが、マイナーチェンジ前と後の画像を比較するために紹介しておきます。

<上がマイナーチェンジ前、下がマイナーチェンジ後の画像>

f:id:smartcreater:20170802220315j:plain

f:id:smartcreater:20170802185233j:plain

あなたは、どちらのデザインの方がお好みですか?

マイナーチェンジ後の外観デザインは、やや落ち着いた印象となっています。

レヴォーグSTI Sportも改良

f:id:smartcreater:20170802185243j:plain

最上級レヴォーグSTI Sportについても改良が行われているものの、1年前の2016年にデビューしたばかりということもあり、外観デザインついてはヘッドライトとフォグランプ部分以外はほぼ変更はなし。

レヴォーグD型の内装の変更点

f:id:smartcreater:20170802185250j:plain

レヴォーグD型は、内装に関しても質感向上といった変更が行われています。

まずは、マイナーチェンジ前後の画像を比較してみましょう。

<上がマイナーチェンジ前、下がマイナーチェンジ後の画像>

f:id:smartcreater:20170802220647j:plain

f:id:smartcreater:20170802185253j:plain

内装に関しても、外観同様に一見同じイメージに思えますが、

  • インパネ加飾パネルのデザインを変更
  • シルバー加飾だったドアスイッチパネル、ドアグリップ等の箇所を、ブラックと金属調の加飾へ変更
  • カーナビ画面に8インチのビルトインナビを採用
  • 5.9インチ大型カラー液晶のマルチファンクションディスプレイ採用
  • 電動パーキングブレーキにオートビークルホールド機能追加

といった高品質を感じさせる質感向上と機能性アップが図られています。

f:id:smartcreater:20170802221408j:plain

f:id:smartcreater:20170802221529j:plain

停車した時に、ブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持することができる、この電動パーキングブレーキのオートビークルホールド機能追加は、かなり便利で運転負荷の軽減に貢献する機能です。

f:id:smartcreater:20170802221719j:plain

また、ワンタッチフォールディング機能付4:2:4分割可倒式のリアシートへと変更された所も大きな注目ポイントとなります。

 ※マイナーチェンジ前は従来の6:4分割可倒式だった

その他 変更点で注目ポイント

f:id:smartcreater:20170802220148j:plain

その他、レヴォーグD型のマイナーチェンジによる変更点の注目ポイントは、

  • 前後ドアガラスの板厚増や吸音材追加による静粛性の向上
  • 電動パワーステアリングの改良によるステリングフィールの改善
  • 前後サスペンションのチューニングによるソフトな乗り心地
  • ダンパーとストラットの見直し
  • 1.6LモデルのCVTに2.0Lモデル同様のステップ変速制御を採用

という部分で、これによって、快適でかつ、今まで以上にしっかりとした乗り心地のよい走りを楽しめるようになります。

アイサイトツーリングアシスト搭載で同一車線自動走行が実質可能に!

そして何よりも、レヴォーグD型の一番の注目ポイントというと、アイサイトツーリングアシストの追加

これまでレヴォーグD型には、アイサイトver3を進化させたアイサイトver4が導入されるという見立てでした。

f:id:smartcreater:20170802225000j:plain

しかし、実際には、アイサイトver3の機能に、車線中央維持機能を全車速に対応させ、0km/h〜約120km/hの幅広い車速域にてアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストしてくれるアイサイトツーリングアシストという新機能が加わったと言う形になります。

f:id:smartcreater:20170802225043j:plain

ステレオカメラが先行車両や車線を読み取って、実質同一車線の自動走行が可能になるということです。

※スバルは、これをあくまで自動運転技術ではなく運転支援システムと定義

これによって、

〇先行車がいない場合

設定速度内で、かつ車線の中央を維持して走るように自動サポート

〇先行車がいる場合

先行車と適切な距離を空けて自動追従走行するとともに、車線の中央を維持して走るように機能。

また、車間距離が狭い渋滞時等、区画線が見えない状況でも、先行車を認識して操舵を支援することが可能に

 ということが実現可能となりました。

 これまでと一番大きく変わったポイントは、

渋滞時でも車線の中からはみ出さないように維持して全車速追従機能付クルーズコントロールを使用することが可能になった

という所です。

 ※車線中央維持機能は、マイナーチェンジ前までは、65km/h以上での走行時のみしか使用できない仕様だった

アイサイトツーリングアシストについてさらに詳しい情報はこちらのレヴォーグ公式サイトにて。

>>アイサイトツーリングアシストの詳細情報(スバル公式)

安全機能も大幅に充実

f:id:smartcreater:20170802225951p:plain

レヴォーグD型では、アイサイトコアテクノロジー+アイサイトセイフティプラスという形で、安全機能がより充実されています。

その中でも注目の機能が、

  • 後退(バック)する時に障害物にぶつからないように自動ブレーキを作動させる「後退時自動ブレーキシステム」
  • 見えにくい部分を極力減らすために、車の前方向をマルチファンクションディスプレイに映すシステム「フロントビューモニター」
  • ルームミラーに車の後ろの映像を(リアゲートに設置されたカメラを使用)表示させる「スマートリヤビューミラー」

の3つとなります。

運転していて見えにくい部分を見えやすく、そして、アクセルとブレーキを踏み間違える等のうっかりミスをできる限り防止するための安全機能追加がされた所がポイントです。

スバリスト 本命は次期レヴォーグ

f:id:smartcreater:20170802185258j:plain

今回のマイナーチェンジで大幅に改良され、内容的にも熟したレヴォーグD型ですが、スバリストとして最も期待するのが、次期レヴォーグ。

新世代プラットフォームSGPを採用し、評判の高い新型インプレッサを超える車となることが予想されるだけにその内容が注目されます。

そんな次期レヴォーグに関しては、2019年のデビューが最有力に。

次期レヴォーグの情報に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>レヴォーグのフルモデルチェンジ最新情報

 <スバル関連のオススメ情報>

・レガシィシリーズもビッグマイナーチェンジへ

>>レガシィB4のマイナーチェンジ最新情報

>>アウトバックのマイナーチェンジ最新情報

・次世代フォレスターが2018年デビューの見通し

>>フォレスターのフルモデルチェンジ最新情報

・新型インプレッサB型の動向について

>>新型インプレッサB型の最新情報