新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

新型レクサスGS フルモデルチェンジ最新情報!廃止でレクサスES統合説も有り

f:id:smartcreater:20170702000811j:plain

レクサスのEセグメントセダンのレクサスGSのフルモデルチェンジに関して、現在、2018年実施説とモデル廃止説がでています。

レクサスGSは、レクサスLSに次ぐ中核の高級セダンとして発売されていただけに廃止となれば大きな話題となりそうです。

そこで、レクサスGSのフルモデルチェンジに関する最新情報から注目部分を今回ピックアップしてみました。

レクサスGSのフルモデルチェンジ最新情報

f:id:smartcreater:20170726221846j:plain

 次期レクサスGSのフルモデルチェンジに関しての注目ポイントは、

  • 次期モデルの情報
  • 廃止説

この2つとなります。

次期レクサスGS フルモデルチェンジ後の外観スパイショット画像

f:id:smartcreater:20170718211920j:plain

海外メディアでは、次期レクサスGSと見られるテストカーの外観のスパイショット画像が公開されています。

その画像が公開されている海外メディアサイトがこちら。

レクサスGSと見られるスパイショット画像(海外サイト)

このスパイショットの外観を見ると、レクサスのデザインアイデンティティであるスピンドルグリルが採用されていないところが伺えます。

2018年登場の次期クラウンのスパイショットの可能性大

海外メディアでは、このテストカーを新型レクサスGSとしていますが、実際には2018年にフルモデルチェンジする220系の次期クラウンの可能性が有力となっています。

2018年 新型レクサスGS フルモデルチェンジの予想内容

レクサスGSがフルモデルチェンジするとすれば、可能性が非常に高いのが、以下の内容となります。

レクサス新型プラットフォーム GA-L(Global Architecture for Luxury)搭載

f:id:smartcreater:20170701234814j:plain

新型レクサスLSに採用されているLEXUS新開発のプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」。

トヨタ車で言えば、TNGAプラットフォームに値するものになりますが、次期レクサスGSが開発されているとすればこのプラットフォーム採用はほぼ間違いありません。

GA-Lプラットフォームは、ボディの高剛性・軽量化に徹底的にこだわって開発されており、高い空力性能の実現や幅広いデザインと優れた走行性能の実現に大きく貢献する作りとなっています。

Lexus Safety System +AやLexus CoDriveについて

次期レクサスGSの先進安全装備には、新型レクサスLSから採用されたLexus Safety System +Aが採用されると予想できます。

Lexus Safety System +Aは、

  • プリクラッシュセーフティPCS(歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援)
  • レーンディパーチャーアラート(LDA)
  • レーダークルーズコントロール
  • 上下2段式アダプティブハイビームシステム(AHS)
  • ドライバー異常時停車支援システム(LTA連動型)
  • フロントクロストラフィックアラート(FCTA)
  • ロードサインアシスト(RSA)

という機能に加えて、自動運転につながる高度運転支援技術「Lexus CoDrive」が採用されている所がポイントとなります。

<Lexus CoDrive>

  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • レーンチェンジアシスト(LCA)

Lexus Safety System +Aの詳細内容は、こちらのレクサス公式ページにてご参照下さい。

>>Lexus Safety System +Aの詳細内容

レクサスGS廃止説 ESに統合も

f:id:smartcreater:20170702000445j:plain

そして、2018年フルモデルチェンジ説とは反対に、レクサスGS自体を廃止するという情報も一部では出ています。

さらにレクサスGSを廃止し、2018年~2019年にフルモデルチェンジをする見通しとなっている次期レクサスESへ統合するという可能性も。

レクサスESと言えば、1989年のレクサスブランド立ち上げ当初からラインナップされている歴史の長い車種で海外では人気のある車種となります。

現在は、海外専売モデルであり、かつて日本でもカムリプロミネント、トヨタ・ウィンダムとして発売されていた時期もありました。

レクサスESは、スポーティ寄りなレクサスIS、レクサスGSよりも乗り心地が重視されている所がポイントとなります。

レクサスGSを次期レクサスESへ統合することで、レクサス車のEセグセダンの商品力向上で販売強化をするということは、今の販売状況を踏まえると十分考えられます。

2018年 レクサスGS フルモデルチェンジ最新情報に関するまとめ

2018年には、レクサスGSがフルモデルチェンジするのか、廃止してレクサスESへ統合されるのか、何らかの形が見える可能性が高いです。

GS廃止と共に、レクサスESの日本導入決定が決まれば、国内のEセグメント市場の勢力図がどのように変化するのか注目所でもあります。

最新情報が入れば、また更新致します。

<関連記事>

・次期クラウンの情報について

>>クラウンのフルモデルチェンジ最新情報

・日産 次期フーガの動向はこちら

>>フーガのフルモデルチェンジ最新情報