新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

レクサスUXの最新情報!発売時期は2018年の見通し!価格やボディサイズ等の予想も

f:id:smartcreater:20170727112345j:plain

レクサスから新しいプレミアムコンパクトSUVがデビューします!

その名もレクサスUX

世界中でSUV市場がブームとなる中、日本国内では、C-HRやヴェゼルといったコンパクトクロスオーバーSUVの人気が高まっています。

そんな成長ジャンルに対し、新型SUVのレクサスUXを投入することで、国内販売の販売力強化が期待されます。

レクサスUXの発売時期に関しては2018年が有力となっており、今回はそのレクサスUX200&UX250hの注目ポイントをピックアップしてみました。

レクサスUX「UX200&UX250h」の最新情報!

f:id:smartcreater:20170727114926j:plain

LEXUSの新型SUVとして新たにラインナップされるレクサスUX

現在、レクサスのSUV車種全体を見渡すと、

〇最上級SUVのレクサスLX

f:id:smartcreater:20170727185415j:plain

〇大型SUVのレクサスGX(日本未発売)

f:id:smartcreater:20170727185423j:plain

〇大型クロスオーバーSUVのレクサスRX

f:id:smartcreater:20170727185436j:plain

〇中型クロスオーバーSUVのレクサスNX

f:id:smartcreater:20170727185443j:plain

の4モデルがラインナップされています。

レクサスUXは、この中で最も小型となるコンパクトクロスオーバーSUVとして加わる事となります。

 各レクサスのSUVモデルをトヨタ車に当てはめると、

レクサスLX⇒ランドクルーザーのレクサス版

レクサスGX⇒ランドクルーザープラドのレクサス版

レクサスRX⇒ハリアーのレクサス版

レクサスNX⇒RAV4のレクサス版

 となりますが、今回のレクサスUXに関しては、C-HRのレクサス版というのが一般的な見立てとなります。

<トヨタC-HR>

f:id:smartcreater:20170727190351j:plain

C-HRと言えば、今飛ぶ鳥を落とす勢いで売れている人気車種であり、レクサスUXがC-HRがベースのレクサスバージョンとなれば、大きなヒットも期待できます。

そんなレクサスUXの注目内容は、

  • 外観デザイン
  • 搭載エンジン
  • 先進装備
  • レクサスCTとの関係

この4つとなります。

レクサスUXの外観デザインをコンセプトから読み解く!

レクサスUXの外観デザインについては、すでにコンセプトカーとして「UX Concept」がパリモーターショー2016にて公開されています。

そのレクサスUX Conceptの外観デザイン画像をまずは見ていきましょう。

f:id:smartcreater:20170727115245j:plain

まずは、フロントから。

レクサスでおなじみのスピンドルグリルを採用するも、その洗練されたメッシュデザインは、新型レクサスLSを彷彿させるデザインに。

ヘッドライトも3眼フルLEDヘッドランプに見え、全体としてレクサスLCのデザイン系統を受け継ぐ、セクシーでスタイリッシュなデザインに。

f:id:smartcreater:20170727115253j:plain

サイドビューは、リアのCピラー部分が、近年流行りのクーペルックスタイルに。

またリアの上部分までつながったキャラクターラインが、車体としての一体感を演出。

f:id:smartcreater:20170727115258j:plain

リアデザインについては、一直線につながったリアコンビランプが印象的。

似たようなテールランプのデザインでは、プリウスPHVやSAIがありますが、今後このようなスタイルが一般的になる可能性を感じさせられます。

f:id:smartcreater:20170727115311j:plain

ホイールに関しては、刺々しさのあるハサミやニッパーを彷彿させる独特なデザインを採用。

タイヤとスポークの一体感を演出したデザイン構造が注目のポイントに。

レクサスUXコンセプトのボディサイズ

レクサスUXコンセプトのボディサイズは、

  • 全長4400mm
  • 全幅1900mm
  • 全高1520mm
  • ホイールベース2640mm

となっています。

これが市販時には、全幅が1800mm程度になることが予想されます。

レクサスUXの内装

レクサスUXコンセプトの内装画像は次の通りです。

f:id:smartcreater:20170727190656j:plain

人間工学に基づいたインテリアが目指されており、コンセプトということもあって、かなりデザインは特殊な感じに仕上がっています。

広くて開放的な空間にするために、アルミ部材に関しては、フィン形状となるポリカーボネイト材が接合されたシースルー構造が採用去れている所がポイントとなります。

f:id:smartcreater:20170727213322j:plain

さらにクモの巣を彷彿させ、乗員の身体にかかる負担を軽減可能とするレクサスオリジナルの新型シート「キネティックシート」にも注目です。

他には、レクサスUX conceptの内装には、先進装備が採用されているのですが、それは後ほど詳しく紹介します。

レクサスUXに搭載されるエンジンについて

f:id:smartcreater:20170727191409j:plain

レクサスUXに関しては、「UX200」と「UX250h」の2つのモデルがラインナップする見通しです。

それらの搭載エンジンとしては、

  • レクサスUX200

TNGA世代の新型直列4気筒の2.0Lガソリンエンジン採用

  • レクサスUX250h

TNGA世代の新型直列4気筒の2.0Lガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせた最新のハイブリッドシステム採用

 

となる見通しです。

また駆動方式に関しては、通常2WDとなるものの、UX250hについては4WDモデルのラインナップも有力となっています。

これらの他には、

  • EVモデル
  • 直列4気筒の2.5Lガソリンエンジン搭載モデル

が加わる可能性も取りざたされています。

レクサスUXに備わる先進装備

f:id:smartcreater:20170727192458j:plain

レクサスUXに備わる可能性が高い先進装備は以下の通りです。

電子ミラー

f:id:smartcreater:20170727192637j:plain

コンセプトモデルのレクサスUX Conceptには電子ミラーが採用されていたことから、レクサスUXにミラーレスモデルがラインナップされる可能性があります。

小型化されたカメラが搭載された電子ミラーが採用されることで、車両デザインの自由度が上がるだけでなく、後側面の映像を車内モニターで確認することも可能になるというメリットが得られるようになります。

ホログラム技術

レクサスUX Conceptの内装には、ヒューマンマシンインターフェイス技術としてホログラム技術が採用されていることが話題となっていました。

f:id:smartcreater:20170727192648j:plain

3Dヒューマン・マシン・インターフェースが1つのポイントとなるドライバー席。

ホログラム技術は、ドライバー席のインストルメントパネルとセンターコンソールに採用されています。

f:id:smartcreater:20170727192650j:plain

このセンターコンソールには、デザインとしてクリスタル形状が採用されている所もポイントの一つに。

市販モデルでは、新世代レクサスのインテリアとしてこれらの技術が実用化されるかどうかに注目が集まります。

TNGA-Cプラットフォーム

f:id:smartcreater:20170727192657j:plain

レクサスUXのプラットフォームには、C-HR等に採用されている新世代プラットフォームのTNGA-Cプラットフォームが採用される見通しです。

安全装備としてLexus Safety System + Aに注目

f:id:smartcreater:20170724211501j:plain

レクサスの現在の安全装備としてはLexus Safety System + (レクサスセーフティプラス)が採用されていますが、新型レクサスLSからは、さらに進化したLexus Safety System + Aが搭載されています。

このLexus Safety System + Aの機能は、2018年以降に他車種に展開されていくこととなっている為、レクサスUXにこのLexus Safety System + Aのどの機能が採用されるのかが注目ポイントとなります。

車線をはみ出ないように車線キープをするレーントレーシングアシスト (LTA)等の先進機能追加には期待できるのではないでしょうか。

レクサスUX 日本では東京モーターショー2017で公開の見通し

f:id:smartcreater:20170727192646j:plain

レクサスUXは、日本では東京モーターショー2017で初公開となる見通しです。

そして発売時期としては、現在2018年内が有力となっています。

レクサスUXの価格を予想

レクサスUXの価格については、コンパクトハッチバックのレクサスCTよりもやや価格が上になると予想します。

レクサスCTの価格は、現在366万2千円スタートとなっていることから、30~40万程度の価格差と推定すると400万円程度になります。

レクサスCTは、ハイブリッド専用モデルのため、ハイブリッドモデルのUX250hの価格が400万ちょっとと予想します。

少なくても、レクサスNXのハイブリッドモデルのスタート価格の492万円よりは下になります。

ガソリンモデルのUX200については、数十万円低い300万円代後半になると予想します。

レクサスCTのフルモデルチェンジより先に登場へ

f:id:smartcreater:20170727215102j:plain

レクサスUXは、次期レクサスCTの実質SUVの派生モデルになると見られますが、何と次期レクサスCT登場よりも先に発売される見通しなのです。

※次期レクサスの最新情報はこちらの記事にて

レクサスCTのフルモデルチェンジ最新情報

また、コンパクトカーのレクサスCTに関しては2017年に2度目となるマイナーチェンジを行って延命を図ることがすでに決まっています。

>>レクサスCTのマイナーチェンジ最新情報

まずは需要のあるクロスオーバーSUVのレクサスUXを市場投入し、その後、2020年前後に次期レクサスCTがデビューするというのが現在有力な状況です。

レクサスUX 最新情報のまとめ

レクサス初となる女性チーフエンジニアが指揮をとって開発されていると言われるレクサスUX。

まさに旬とも言えるコンパクトクロスオーバーSUV市場で、その存在感を示す一台になることができるのかどうかに注目です。

コンパクトサイズな上、先進技術が満載で、かつ価格もお手頃となれば、レクサスUXは、日本のレクサスユーザー増加の起爆剤としてかなり期待できそうですね。

新しい情報が入れば、また更新致します。

<関連記事>

・レクサスNXが大幅にリニューアル!

>>レクサスNXのマイナーチェンジ最新情報

・スバルの次世代SUVが2018年登場へ

>>フォレスターのフルモデルチェンジ最新情報