2017年 マーチ 新型は日本発売なし?3ナンバー化によってフルモデルチェンジ見送りの可能性

f:id:smartcreater:20170704000852p:plain

日産のコンパクトカーのマーチ。

マーチの海外仕様では、2016年にフルモデルチェンジした5代目K14型の新型マイクラが発表され大きな話題となりました。

5代目マイクラ発表に続いて、日本でもマーチのフルモデルチェンジを発表かと思いきや、新型マーチの日本発売の雲行きは怪しくなっています。

今回は、それらの情報を含めた新型マーチの注目ポイントをピックアップしてみました。

新型マーチ(マイクラ)のフルモデルチェンジ最新情報

 新型マーチに関しては、

  • 先にフルモデルチェンジした5代目マイクラの詳細
  • 5代目マーチの日本発売について

これらが大きな注目内容となります。

海外仕様の新型マーチの外観デザイン

まずは、フルモデルチェンジした5代目マイクラとして発売される海外仕様の新型マーチの外観デザインを紹介します。

その画像がこちら。

f:id:smartcreater:20170703232643j:plain

f:id:smartcreater:20170703232646j:plain

f:id:smartcreater:20170703232649j:plain

f:id:smartcreater:20170703232653j:plain

f:id:smartcreater:20170703232656j:plain

f:id:smartcreater:20170703232659j:plain

f:id:smartcreater:20170703233353j:plain

海外仕様の新型マーチのフロントグリルには、Vモーショングリルが採用され、ヘッドランプとリアコンビランプには、ブーメラン型のデザインといった最新の日産デザインが採用されています。

f:id:smartcreater:20170703232931j:plain

f:id:smartcreater:20170703232933j:plain

一見、リアのドアハンドルが見当たりませんが、実は、Cピラー付近の高い位置に存在します。

こういったデザインは、最近ではトヨタのC-HR、日産ジューク、ホンダのヴェゼルといったコンパクトクロスオーバーSUVで採用されています。

f:id:smartcreater:20170703233336j:plain

新型マーチのボディサイズ

新型マーチのボディサイズは、

  • 全長3,999mm
  • 全幅1,743mm
  • 全高1,455mm
  • ホイールベース2,525mm

となっています。

モデルチェンジ前のボディサイズが

  • 全長3,825mm
  • 全幅1,665mm
  • 全高1,515mm
  • ホイールベース2,450mm

だったため、サイズ比較すると新型マーチは、

  • 全長174mmプラス
  • 全幅78mmプラス
  • 全高60mmマイナス
  • ホイールベース75mmプラス

ということになります。

注目は、今回ボディサイズが3ナンバー化したという所になります。

コンセプトカーのNissan SWAY Concept

海外仕様の新型マーチのコンセプトカーは、ジュネーブモーターショー2015で公開されたNissan SWAY Conceptとなります。

そのSWAYの外観画像がこちら。

f:id:smartcreater:20170703233538j:plain

f:id:smartcreater:20170703233544j:plain

このNissan SWAY Conceptのデザインは、メッキモールやサイドのプレスラインなど異なる部分が一部あるものの、忠実に市販化されていることが伺えます。

新型マーチの内装画像

海外仕様の新型マーチの内装画像は以下の通りです。

f:id:smartcreater:20170703233851j:plain

f:id:smartcreater:20170703233854j:plain

f:id:smartcreater:20170703233856j:plain

f:id:smartcreater:20170703233901j:plain

f:id:smartcreater:20170703233904p:plain

f:id:smartcreater:20170703233908j:plain

f:id:smartcreater:20170703233910j:plain

オシャレで質感が高く、マツダのデミオに並ぶほどの美しいデザインが採用されています。

画像からは、

  • メーターに大型ディスプレイ採用
  • Apple CarPlay対応の7inchフルカラーディスプレイ採用
  • ダッシュボードやセンターコンソール周辺に合皮採用

といった内容が伺えます。

<BOSEの6スピーカー>

さらに特徴として、オーディオメーカーとして有名なBOSEと共同開発した6スピーカーの「BOSE Personal サウンドシステム(6スピーカー)」もオプションで設定可能となっています。

f:id:smartcreater:20170703234508j:plain

運転手も迫力あるサウンドを楽しめるように、UltraNearfieldスピーカーが運転席のヘッドレストに搭載可能となっている点も見逃せません。

乗員全員が臨場感あふれるサウンドを満喫できる、そんなオプションとなっています。

新型マーチのプラットフォーム CMF-B

f:id:smartcreater:20170704000852p:plain

 フルモデルチェンジした海外仕様の新型マーチのプラットフォームには、日産とルノーが共同で開発した新世代プラットフォームのCMF-Bプラットフォームが採用されています。

CMFは、コモン・モジュール・ファミリーの略であり、このCMFプラットフォームは、

  • エンジンコンパートメント
  • フロントアンダーボディ
  • コックピット
  • リアアンダーボディ

の4つに、各自セダン、ハッチバック、セダン、MPVという各ボディタイプと複数のセグメントにマッチしたサイズのコンポーネントを準備。

これらを組み合わせることで、開発費用や調達コストの縮小が可能となる所がポイントです。

このCFMプラットフォームのBセグメントタイプが新型マーチには採用されているわけです。

新型マーチのパワートレインについて

f:id:smartcreater:20170704001008p:plain

海外仕様の新型マーチのパワートレインには、

〇3気筒 0.9リッターターボエンジン

  • 最高出力:66kW(90HP)
  • 最大トルク:140Nm(+10:オーバーブースト時)

〇4気筒1.5リッターディーゼルエンジン

  • 最高出力:66kW(90HP)
  • 最大トルク:220Nm

〇3気筒1.0リッター自然吸気ガソリンエンジン

  • 最高出力54kW(73HP)
  • 最大トルク95Nm

の3種類のエンジンがラインナップしています。

日本仕様の予想スペック

日本仕様の新型マーチに搭載されると予想されるエンジンスペックは、

  • 1.2L 直列3気筒エコスーパーチャージャー エンジン
  • 最高出力:98ps/5,600rpm
  • 最大トルク:14.5kgm/4,400rpm
  • 駆動方式:FF/4WD
  • トランスミッション:エクストロニックCVT(無段変速機)
  • 燃費性能JC08モード:27.0km/L

とされており、ノートに搭載されている「HR12DDRエンジン(DIG-S)」採用が予想されます。

新型マーチの先進安全装備

f:id:smartcreater:20170704002418p:plain

新型マーチには、先進安全装備が充実して装備されています。

その内容としては、

  • 歩行者認識機能付きインテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • インテリジェントアラウンドビューモニター
  • 車線逸脱防止支援システム(LDP)
  • ブラインドスポットワーニング
  • 標識検知機能
  • ハイビームアシスト

といった内容になっています。

海外仕様では搭載されませんでしたが、日本仕様の新型マーチが発売されるならば、同一車線自動運転技術プロパイロットが搭載されるかが注目ポイントとなります。

新型マーチの価格予想

先進安全装備搭載なども含めて、新型マーチの価格は、120万~200万円程度に落ちつくと予想します。

モデルチェンジ前同様に、マーチニスモ(NISMO)が継続してラインナップされるとすれば、新型マーチNISMOの価格は、100万円代後半になるのではないでしょうか。

K14型 新型マーチは日本発売は厳しい?次期ノートと統合の可能性も

f:id:smartcreater:20170704001759p:plain

2017年に発売が期待されていた新型マーチですが、残念ながら日本発売については厳しい状況となっています。

それは、3ナンバーサイズ化してボディサイズ大型化によって、ノートと被る存在になった点等が挙げられています。

今後の可能性としては、フルモデルチェンジする次期ノートと統合という形も取りざたされており、少なくとも2017年内に新型マーチの日本発売はない可能性が高いです。

5代目 新型マーチ フルモデルチェンジ最新情報のまとめ

f:id:smartcreater:20170704002458j:plain

海外でデビューした5代目K14型マイクラの外観デザインは、先進的で欧州車のようにスタイリッシュでカッコいいデザインが特徴的です。

これが新型マーチとして発売されれば、これまで女性層の支持が強かったマーチに、男性ユーザーも多く取り込むことができるでしょう。

ただ、同じ日産のコンパクトカーのノートe-POWERが非常に好調であることや、新型マーチが3ナンバーサイズになったことを踏まえると、ノートとユーザーがバッティングしないためにも、新型マーチの日本発売が厳しいというのは納得できます。

新型マーチのコンセプトが活かされた、次期ノートe-POWERがあるならば、さらに期待できそうですが、今後の日産の国内の動向に要注目です。

最新情報が入れば、また更新致します。

<関連記事>

日産キューブの次期モデル情報

>>キューブのフルモデルチェンジ最新情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする