新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

新型オデッセイ マイナーチェンジ最新情報!2017-2018年にかけてデザイン&先進装備改善か

f:id:smartcreater:20170623195450j:plain

ホンダのミニバン車種オデッセイが2017年内もしくは2018年にマイナーチェンジが行われるという情報があります。

2013年11月1日に発売開始となった現行の5代目オデッセイ。

オデッセイは、2015年には安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載し、2016年にはハイブリッドモデルをラインナップさせるなど、常に進化し続けている車種です。

オデッセイは、今や上級ミニバンとして君臨し、トヨタのアルファード・ヴェルファイア、日産エルグランドをライバルとするだけに、同じく2017-2018年にモデルチェンジ予定の各ライバルとのガチンコ勝負が予想されます。

では、オデッセイのマイナーチェンジで注目の内容を見ていきましょう。

新型オデッセイのマイナーチェンジ2018 最新情報

f:id:smartcreater:20170726215228j:plain

2018年に実施見通しの 新型オデッセイのマイナーチェンジで注目内容は、

  • 安全装備の充実
  • デザインの改良

というポイントになります。

新型オデッセイ マイナーチェンジで安全装備向上

f:id:smartcreater:20170623192851j:plain

冒頭でもお伝えした通り、現行オデッセイは2015年モデルから、ホンダの先進安全装備のHonda SENSING(ホンダ センシング)が搭載されています。

そのホンダセンシング内容には以下の機能が備わっています。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

ミリ波レーダーと単眼カメラによって、対向車と障害物に加え、歩行者検知にも対応した自動ブレーキシステム。

衝突の危険がある場合に、ディスプレイ内の表示や音でまずは、ドライバーに注意を喚起。

さらに接近した場合には、軽いブレーキをかけて体感的にドライバーへ警告。
さらに反応がなかったり、緊急時には、さらに強くブレーキが作動して、衝突回避もしくは、被害軽減が図られるようになっています。

もしも、対向車線へはみ出してしまって、 対向車と衝突する恐れがある場合には、ディスプレイ内の表示と音に加え、ステアリングの振動で警告し、回避操作を促してくれます。

それ以上に、接近をして回避行動が間に合わない場合はブレーキが作動し、衝突の回避あるいは被害軽減が図られることとなります。

  • 歩行者事故低減ステアリング

路側帯の車線や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラにて検知。

もしも歩行者側の車線を逸脱してしまって、歩行者と衝突が予測されると、ディスプレイ内の表示と音でドライバーへ警告し、ステアリングアシストにて回避操作を促してくれます。

  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

一言でいうと、前に走る車と適切に郷里を空けて設定した速度で自動走行できる機能。

前走車との車間距離と速度差を、ミリ波レーダーと単眼カメラにて検知し、ドライバーが予め設定した車速内で自動で加減速し、前走車に追従するシステムになります。

  • LKAS〈車線維持支援システム〉

一言でいうと車線をはみ出さないように支援するシステム。

車線を単眼カメラにて読み取り、さらに車が車線の中央を維持して走るようにステアリング操作までサポートしてくれる機能です

  • 路外逸脱抑制機能

車が車線を逸脱しそうになった時にステアリングの振動とディスプレイ表示にて警告してくれる機能。

単眼カメラで車線を検知することでシステムが危険を察知している。

  • 誤発進抑制機能

不注意によってうっかりと急発進することを抑制し、注意喚起してくれる機能。

ミリ波レーダーが、停車時や約10km/h以下で走っているときに、近距離に前走車などがあることを検知し、ドライバーが急にアクセルペダルを踏み込んだ場合の急加速を抑制&ディスプレイ内の表示と音で注意してくれるシステムです。

  • 先行車発進お知らせ機能

自車が停車しているときに前走車が発進したにもかかわらず、それに気づかないで停止し続けていた時に、音とメーター表示にてそれを知らせてくれるシステム。

  • 標識認識機能

道路標識を単眼カメラが読み取って、ディスプレイへ表示してくれます。

これによって、標識の見落とし防止が図られ、安全運転を支援してくれる機能となります。

新型オデッセイのHonda SENSINGはどう進化する?

f:id:smartcreater:20170623194816p:plain

以上の8つの機能に加え、新型オデッセイは、マイナーチェンジで、ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉が全車速対応となるために、低速域追従&停車機能が追加される見通しです。

マイナーチェンジ前のオデッセイでは、約30km/h以下になるとACCの機能が使用できませんでした。

最近ではトヨタのハリアーや日産のエクストレイルもマイナーチェンジレベルで全車速ACCを採用するなど、近年の車は全車速対応ACCを採用するケースが増えてきています。

フラグシップのミニバンゆえ、オデッセイには全車速対応ACCは早急に望まれる所。

また、電動パーキングブレーキについても搭載される可能性も取りざたされている状況です。

新型オデッセイ マイナーチェンジ後のエクステリア

オデッセイは、マイナーチェンジ後のデザインとしては、小改良にとどまると予想されます。

その内容としては、LEDヘッドランプの採用。

実は、ホンダはジェイドに新型のLEDヘッドランプとフォグランプを搭載させています。

f:id:smartcreater:20170623195843j:plain

またマイナーチェンジしたフィットにも新デザインのLEDヘッドランとが搭載されています。

それゆえ、オデッセイにもジュエルアイLEDが今回のマイナーチェンジで搭載される可能性が有力となっています。

また、C-HRやマイチェン後のハリアーに搭載されて話題となったシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)の搭載も是非期待したい所。

インテリアについては一部変更か

マイナーチェンジ後のインテリアについては、部分的にメッキ装飾をしたり、シート表皮やインパネ等の変更となって、全体的に質感アップの見通しとなります。

f:id:smartcreater:20170623200709j:plain

アコードでは木目調パネルのデザイン変更もあっただけに、オデッセイでも同様の変更があるのではないでしょうか。

マイナーチェンジによって燃費向上

2016年にハイブリッドモデルが追加されたばかりですが、今回のマイナーチェンジによって、ハイブリッドシステムはもちおん、エンジンの制御部分にも改良が行われ、燃費性能向上がされると見られています。

ハイブリッドモデルに関しては、27km/L程度、ガソリンエンジンモデルについては15km/L程度と若干の向上レベルになるのではと考えられています。

ダブルウィッシュボーンやハイブリッド4WDモデル追加は?

オデッセイにハイブリッドモデルが発売されるときに、サスペンションにダブルウィッシュボーンが採用されるという情報が事前にあったものの、結果としては採用されていません。

さらに、4WDが選択できるのは現在ガソリンモデルのみとなっており、雪国に住む方や、雪山等へスノースポーツへ行く人などにとってはハイブリッドの4WDモデルが望まれる所。

それゆえ、今回のマイナーチェンジにて、ハイブリッドモデルのサスにダブルウィッシュボーン追加&4WDモデルのラインナップを期待したい所です。

マイナーチェンジ後のオデッセイの価格

先進装備の改良等によって、マイナーチェンジ後の販売価格は、現行型に比べて5万円から10万円程度の価格上昇が予想されます。

もしも、ハイブリッドモデルに4WDが追加となれば、ガソリンモデル同様、FFに+3万円程度となるでしょう。

新型オデッセイの最新情報まとめ

f:id:smartcreater:20170623201941j:plain

以上が新型オデッセイのマイナーチェンジに関する最新情報となります。

2017年にはフィット、グレイス、ステップワゴンのマイナーチェンジや新型シビック発売など、新車ラッシュとなっているホンダ。

5代目オデッセイ初となるビッグマイナーチェンジでは、どこまで大掛かりな改良が行われるのか要注目ですね。

オデッセイのマイナーチェンジに関する新たな情報が入れば、本記事にて更新いたします。

<関連記事>

 アルファード・ヴェルファイアがいよいよ大幅改良へ!

>>>アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報