新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

V38型 次期スカイラインハイブリッドのフルモデルチェンジ予想情報!VC-TエンジンやPHV搭載に期待

f:id:smartcreater:20170806183223j:plain

日産のV38型スカイラインハイブリッドに関して様々な情報を元に予想情報をお伝えします。

V37型スカイラインでは、これまで以上にプレミアムなセダンとして発売され、CIエンブレムの効果もあって、日本国内でも日産の高級ブランド「インフィニティ(Infiniti)」の知名度も向上しました。

多くの日産の名車が販売終了する中、最長の歴史を誇るスカイラインが次期モデルではどのように進化するのか。

次期スカイラインV38型のフルモデルチェンジについて注目ポイントをピックアップしてみました。

※現行型スカイラインの最新情報はこちらの記事をご参照下さい

>>スカイラインのマイナーチェンジ最新情報

スカイライン V38のフルモデルチェンジで注目の変更点!

f:id:smartcreater:20170806001216j:plain

V38型 次期スカイラインのフルモデルチェンジで注目内容は、

  • 外観デザイン
  • プラットフォーム
  • 搭載エンジン
  • 先進装備
  • 発売時期

の5点となります。

 次期スカイラインの外観デザインのヒントとなるのは・・・

f:id:smartcreater:20170806184036j:plain

V37型スカイラインのデザインは、2009年に公開されたコンセプトカーの「インフィニティ・エッセンス」を基にデザインされ、スタイリッシュでエレガントなデザインが高評価を得ています。

<インフィニティ・エッセンス>

f:id:smartcreater:20170806184347j:plain

このインフィニティ・エッセンスが発表されたのは2009年という事もあり、約10年後となる2019年前後には、新たなデザインエッセンスが発表されることが予想できます。

ただ、次期インフィニティのデザインとして参考になるのが、「インフィニティ Q80インスピレーション」。

<インフィニティ Q80インスピレーション>

f:id:smartcreater:20170806184820j:plain

f:id:smartcreater:20170806185024j:plain

このQ80インスピレーションは、インフィニティ最上級モデルのデザインコンセプトとしてパリモーターショー2014されたデザインです。

Q80インスピレーションの市販化モデルは、次期プレジデントや次期フーガになるのではという噂が出ている状況です。

>>フーガのフルモデルチェンジ最新情報

デザインとして、

  • フロント全体に渡る大型グリル
  • 4シーターのファストバックスタイルのセダン

というこのデザインスタイルが次期スカイラインにも活かされると予想します。

次期スカイラインのプラットフォームはメルセデスベンツ製!?

f:id:smartcreater:20170806185957j:plain

 V37型スカイラインには、FR-Lプラットフォームが採用されていましたが、V38型のスカイラインのプラットフォームには、メルセデスベンツ製のFR専用プラットフォーム「MRA(Modular Rear Architecture)」が採用される可能性が取りざたされています。

スカイラインの同車格となる新型ベンツCクラスには、このMRAプラットフォームが採用されています。

このMRAを次期スカイライン向けに最適化して搭載するというのが一つの予想。

ただ、次期フーガの記事でも記載しましたが「次期Aクラス用となるメルセデスの新型プラットフォームMFA2を日産が採用しない」という情報をロイター通信が2017年1月に報じています。

この流れを考えると、次期スカイラインのプラットフォームはメルセデス製ではなく、日産が新たに開発するという可能性も十分想定できます。

フルモデルチェンジ後のスカイラインのプラットフォームが、メルセデス製なのか日産製なのか。

ここが大きな注目ポイントの一つとなります。

次期スカイライン V38の搭載エンジン

f:id:smartcreater:20170806190534j:plain

次期スカイラインV38型のパワートレインについて、有力な搭載エンジンが新開発された変圧縮比技術採用の直4 2Lターボエンジンとなる「VC-T」です。

このVC-Tに関しては、V6エンジンよりもコンパクトで軽量となっており、振動や騒音が少なく、6気筒のガソリンエンジン並みとなるパフォーマンスを発揮できるという所がポイントとなっています。

<VC-T スペック>

最高出力200kW(268HP/272PS)

最高トルク390Nm

 VC-Tエンジンについては、2018年デビューの新型インフィニティQX50から搭載される予定です。

 < QX50コンセプト>

f:id:smartcreater:20170806194332j:plain

 VC-Tエンジンは、今後、他のインフィニティ車種での展開が予想され、次期スカイラインもその一つなると推測できます。

3リッターツインターボも有力候補

f:id:smartcreater:20170806211653j:plain

2リッターターボエンジンのVC-T以外に、もう1つ有力なエンジンがV6の3リッターツインターボエンジン。

このツインターボエンジンについては、V37スカイラインの海外仕様であるインフィニティQ50の「Red Sport 400モデル」に搭載されていますが、これが次期型でも搭載される可能性が有力。

※「Red Sport 400」モデルの詳細情報はこちらの記事にて紹介しています

>>スカイラインのマイナーチェンジ最新情報

つまり、次期スカイラインV38型の搭載エンジンとしては、

  • 直4 2LターボのVC-Tエンジン
  • V6 3Lツインターボエンジン

この2本立てを予想。

スカイラインPHV(プラグインハイブリッド)にも期待

f:id:smartcreater:20170806212239j:plain

2018年から北米ではZEV規制が強化され、ハイブリッドモデルが対象外となります。

そのように環境規制が厳しくなることから、海外では今後PHVとEVが主流になっていくことが予想されます。

それゆえ、次期インフィニティQ50(スカイライン)にはハイブリッドではなくPHV搭載も考えられない話ではありません。

ちょうど、日産は2019年から三菱製のPHEVを採用する予定※であることから、V38型スカイラインでは、「スカイラインPHV」をラインナップしてデビューという可能性も捨てきれません。

※2019年日産は三菱製PHEVを次期エクストレイルに搭載の見通し

>>エクストレイルのフルモデルチェンジ最新情報

次期スカイライン 自動運転技術プロパイロットの第3世代搭載なるか?

f:id:smartcreater:20170806212925j:plain

V37型スカイラインでは、

  • ダイレクトアダプティブステアリング
  • アクティブレーンコントロール(ALC)
  • PFCW(前方衝突予測警報)
  • エマージェンシーブレーキ
  • インテリジェントクルーズコントロール
  • LDP(車線逸脱防止支援システム
  • LDW(車線逸脱警報)
  • アクティブAFS
  • BSI(後側方衝突防止支援システム)
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • BCI(後退時衝突防止支援システム)

といった当時は珍しい最先端の機能を搭載したことが売りの一つとなっていました。

では、次期モデルのV38型スカイラインで搭載が考えられる先進装備と言えば、自動運転技術の「プロパイロット」です。

プロパイロットに関しては、

  • 高速の複数レーンにてレーンチェンジを自動で可能となる第2世代が2018年投入予定
  • 交差点を含む一般道での自動運転技術(第3世代?)を2020年までに投入予定

が目指されていると発表されています。

※詳しくはプロパイロット公式サイトをご参照ください

>>プロパイロットの今後について(日産公式)

 つまり、次期スカイラインの発売時期を考えると、第2世代もしくは第3世代のプロパイロットが搭載される可能性が高いと予想できます。

少なくとも高速道路での自動レーンチェンジは可能となり、モデルチェンジする時期によっては、市街地での自動運転技術も搭載という可能性が十分考えられます。

次期スカイラインでは、どのレベルの自動運転技術が搭載されるのか。

これがV38型スカイラインでの大きな注目ポイントとなります。

次期スカイラインV38型の発売時期を考察

f:id:smartcreater:20170806185613j:plain

次期スカイラインが、いつの時期にフルモデルチェンジするのか。

それに関して、以下の内容を参考にしてみました。

・V37型スカイラインが約4年のスパンでマイナーチェンジをした

⇒2018年にマイナーチェンジとなると、そこから4年後は、2022年

・先代のV36型スカイライン(2006年発売で2014年に販売終了)は、約8年でフルモデルチェンジをした

⇒V37型スカイラインの発売は2014年。そこから8年後とすると2022年

 これらを踏まえると、スカイラインV38型の発売時期は2022年頃と推測できます。

よって、当サイトでは、スカイラインのフルモデルチェンジは2022年前後と予想します。

スカイラインのフルモデルチェンジ予想情報のまとめ

今や、日産の代表的なプレミアムセダンとなり、海外ではBMW、メルセデス、アウディのDセグメントカーと対抗する存在へと成長したスカイライン。

今回は、次期スカイラインの内容についてどこが注目ポイントなのかをご紹介しました。

みなさんは、次期スカイラインにどのような内容を期待しますか?

スカイラインに関して新しい情報が入れば、更新致します。

<関連記事>

・次期クラウンが2018年デビューへ

>>クラウンのフルモデルチェンジ最新情報

・アテンザの次期モデルの動向

>>アテンザのフルモデルチェンジ最新情報

・次期レクサスGSの投入に赤信号!?

>>レクサスGSのフルモデルチェンジ最新情報

・次期フーガについて

>>フーガのフルモデルチェンジ最新情報