新車情報CARWORLD

新車のモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

☆お知らせ☆
アドレスを変更致しました。
http://www.car-worlds.com
お手数ですが、ブックマークの変更をお願い致します。

スカイライン V37のマイナーチェンジ最新情報!2017~2018年にかけてプロパイロット搭載、外観デザイン等の改良へ

f:id:smartcreater:20170806003936j:plain

日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えします。

2014年2月に「さあ、日本のプレミアムを騒がそうか。」のキャッチフレーズでデビューし13代目スカイラインハイブリッドV37。

CIエンブレムには、日産ではなくインフィニティのものが採用されたことが話題となりました。

そんなV37型スカイラインの海外仕様となるインフィニティQ50(Infiniti Q50)が、2017年にビッグマイナーチェンジが行って2018年モデルをすでに公開しています。

その内容としては、外観デザインの変更や、プロパイロット搭載といった大掛かりな改良となっています。

日本でも同様のマイナーチェンジが行われる見通しであるため、今回、スカイラインV37のマイナーチェンジについて注目ポイントをピックアップしてみました。

スカイラインV37のマイナーチェンジ最新情報

f:id:smartcreater:20170806004134j:plain

マイナーチェンジする新型スカイラインの変更点について注目部分は、

  • 外観、内装デザインの変更
  • 新たな装備内容
  • 日本の発売時期

の3点となります。

スカイライン マイナーチェンジ後の外観デザインについて

f:id:smartcreater:20170806003936j:plain

スカイラインの今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの変更が行われることとなります。

その変更内容については、海外仕様のインフィニティQ50(2018モデル)を参考に解説します。

フロントビュー

f:id:smartcreater:20170805234950j:plain

マイナーチェンジ後の新型スカイライン(インフィニティQ50)フロントフェイスは、一見、改良前と同じイメージに見えるものの、細かい部分が変更されています。

まず、バンパーの形状を、改良前からは逆さとなる、台形デザインに変更。

フロントグリルに関しても、ややバンパ―寄りに大型化しているようにも見えます。

f:id:smartcreater:20170805235849j:plain

フォグランプのあるダクトのデザインについても、真ん中部分にあったバーがなくなり、上下にメッキパーツを加飾する形に。

グリル、バンパー等のわずかな変更ではあるものの、マイナーチェンジ前よりもワイドなイメージへと変更され、新型インフィニティQ60(日本名スカイラインクーペ)寄りのデザインになったと言えます。

サイドビュー

f:id:smartcreater:20170806000332j:plain

サイドビューに関しては、マイナーチェンジ前からの変更点は特にありません。

リアビュー

f:id:smartcreater:20170806000504j:plain

今回の外観デザインの変更点で大きく変わったのがリアビュー。

リアコンビライトのデザインが、インフィニティQ70(日本名フーガ)と同テイストのデザインへと変更されることになりました。

f:id:smartcreater:20170806003804j:plain

<引用:インフィニティQ50公式サイト

マイナーチェンジ前のリアコンビランプのデザインは、旧ブルーバードシルフィと同テイストのデザインでしたが、フーガと同様のデザインになったことでよりインフィニティらしさのあるプレミアムなイメージへと変化しています。

マイナーチェンジ前後を比較

ここで、デザインの比較をするためにも、マイナーチェンジ前後の画像を参考に紹介します。

<上がマイナーチェンジ前、下がマイナーチェンジ後の画像>

【フロントビュー】

f:id:smartcreater:20170806001216j:plain

f:id:smartcreater:20170805234950j:plain

【リアビュー】

f:id:smartcreater:20170806001236j:plain

f:id:smartcreater:20170806000504j:plain

どちらのデザインの方がお好みですか?

フロントに関しては、マイナーチェンジ前のデザインの方がスタイリッシュに見えますが、リアに関しては、コンビランプデザインの変更の影響もあってか、マイチェン後の方がスマートな印象を受けます。

※その他、外観等の詳しい画像を見たい場合は以下のインフィニティQ50公式サイトを参照下さい

>>新型インフィニティQ50公式サイト

スポーツタイプの「Red Sport 400」

f:id:smartcreater:20170806001642j:plain

インフィニティQ50の2018年モデルには、V型6気筒 3.0リッターツインターボエンジンを搭載する「Red Sport 400」モデルがラインナップされています。

<Red Sport 400>

f:id:smartcreater:20170806001645j:plain

f:id:smartcreater:20170806001648j:plain

f:id:smartcreater:20170806001650j:plain

デザインに関しては、フォグランプ下部分とサイドミラーをブラックアウト化させることでスポーティな印象を演出。

<搭載エンジンのスペック>

最高出力400PS/6400rpm

最大トルク350lb-ft/1600-5200rpm

 日産製のV63リッターツインターボ搭載という魅力的なモデルではあるものの、日本仕様の新型スカイラインへのラインナップに関しては未定です。

スカイライン マイナーチェンジ後の内装デザインについて

f:id:smartcreater:20170806002729j:plain

内装デザインに関しては、今回のマイナーチェンジでは、ほとんど変更されていません。

f:id:smartcreater:20170806002833j:plain

f:id:smartcreater:20170806002837j:plain

ちなみに、この画像が「Red Sport 400」モデルの内装ということから、レッドスティッチが所々入っています。

新型スカイライン その他の変更点の注目ポイント

f:id:smartcreater:20170806004158j:plain

日本仕様の新型スカイラインのマイナーチェンジで搭載されるか否かを注目すべきポイントは以下の通りです。

歩行者検知対応の自動ブレーキ搭載について

f:id:smartcreater:20170806005932j:plain

⇒現在のスカイラインにはミリ波レーダー方式のエマージェンシーブレーキが搭載されていますが、歩行者検知には対応していません。

近年は、自動ブレーキに歩行者検知対応は当たり前になりつつあるため、今回のマイナーチェンジで対応されるかどうかが注目ポイントの一つとなります。

ALC(アクティブレーンコントロール)の全車速対応について

f:id:smartcreater:20170806010107j:plain

現在、車線から、はみ出ないようにサポートするLDP(車線逸脱防止支援システム)に加え、70km/h以上での走行時に、自動で安定して直進して走行できるようにステアリング操作をサポートするシステムのALC(アクティブレーンコントロール)が搭載されています。

このALCが、70km/h以上ではなく、全車速域にて対応されるかどうかが注目点となります。

これは、プロパイロット採用によって、実用化されると予想します。

※海外仕様のインフィニティQ50ではプロパイロット導入が発表されています

ダイレクトアダプティブステアリングが第2世代になるかどうか

f:id:smartcreater:20170806010253j:plain

次世代ステアリング技術として注目を集めたダイレクトアダプティブステアリング。

<ダイレクトアダプティブステアリングとは?>

ステアリングの動きからドライバーの意図を読み取り、ドライバーのステアリング操作を電気信号に置き換えてタイヤを動かし、タイヤ角度とハンドル角度、操舵力を独立して制御するテクノロジー

<引用:日産公式サイト>

 クーペタイプのインフィニティQ60では、第2世代となるダイレクトアダプティブステアリングが採用されており、ステアリングの応答がドライバーの好みに合わせて調整できるようになったり、第一世代よりも自然なステアリングフィールドが実用化されています。

新型スカイラインには、ダイレクトアダプティブステアリングが第2世代にアップデートされるのかどうかが注目ポイントとなります。

ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)について

f:id:smartcreater:20170806010800j:plain

第2世代ダイレクトアダプティブステアリング同様に、インフィニティQ60に採用されたダイナミック デジタル サスペンション(DDS)が新型スカイラインにも追加されるのかどうかも注目ポイントの一つに。

ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)は、運転手の好みとなるサスペンションセッティングに調整することができる所が特徴となっています。

スカイライン マイナーチェンジの実施時期は2017年後半~2018年が有力

f:id:smartcreater:20170806003957j:plain

日本仕様のスカイラインハイブリッドのマイナーチェンジの実施時期は、2017後半、もしくは2018年内が有力となっています。

まずは、2017年10月に開催される東京モーターショー2017で何らかの情報公開が期待される状況です。

マイナーチェンジ後の価格については、先進装備充実もあり、10万円程度の値上げを予想。

ちなみに、海外モデルの新型インフィニティQ50の価格は、こちらのインフィニティ公式サイトにて確認することができます。

>>新型インフィニティQ50の価格を確認する

スカイラインのマイナーチェンジ最新情報

V37スカイラインは、充実した先進装備搭載がデビュー時の売りの一つでしたが、今回、プロパイロット導入等でさらなる先進化が期待できます。

今やスカイラインと言えば、トヨタのクラウンと肩を並べる存在となりましたが、そのクラウンは2018年に次期モデルを投入の見通しです。

>>クラウンのフルモデルチェンジ最新情報

 日本国内のプレミアムセダンとして定着しつつあるスカイラインですが、今回のマイナーチェンジでさらに磨きがかかり、注目を集めることとなりそうです。

※次期モデルのV38型スカイラインについて詳しい予想情報を記載してみました。

こちらの記事も楽しんでお読みいただければと思います。

>>次期スカイラインのフルモデルチェンジ予想情報

新しい情報が入れば、更新致します。

<関連記事>

・次期フーガの動向について

>>フーガのフルモデルチェンジ最新情報

・レガシィB4が、高級な外観デザインに改良へ

>>レガシィB4 D型のマイナーチェンジ最新情報

・アテンザの次期モデルの動向

>>アテンザのフルモデルチェンジ最新情報

・レクサスGSの次期モデル投入に赤信号!?

>>レクサスGSのフルモデルチェンジ最新情報